運指練習 弦飛びフレーズ

この記事は8年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

これ、どっかの教則本に載ってたやつなんですけど、当時、私にとっては、とうていできる感じがしないくらいきつかったし、左指の鍛えになったと思うやつです。

どのくらいのレベルの人に適した練習なのかわかりませんが、ぜひやってみてください。
1年半くらい前私はこれで腱鞘炎っぽくなりましたw

どん!

運指ですが、5フレットは人差し指。6フレットは中指。7フレットは薬指。8フレットは小指です。(当たり前か。。。)

あと、完全にオルタネイト・ピッキングでやります。

これ、行きはまだいいのですが、戻りがきつかった。3小節目からですね。

何がきついって、小指。
丸まって奥の方に引っ込んでしまう。

こうやって、小指が丸まって奥に引っ込んでしまい、小指で5~6弦に行くのがもうホント無理で。

物理的に無理なんじゃないかと思ってました。
だって、ほんと届かないんだもん。。。

しかし、テレビ見ながら毎日やってたら、今ではこんな風に弾きたいフレットの上空待機ができるようになりましたww

まあ、未だに薬指、小指は不自由ですが、この辺の運指の自由度が上がってくると、弾けなかったフレーズがつるっと弾けるようになったりしますね^^

あと、これピッキングが意外とくせ者で、特に下りはミスピッキングしやすい形になります。なんて言うんでしたっけ。。。インサイド・ピッキング、、、だったかな?

とにかくやってみればわかるのですが、ミスピッキングしやすいです。

それもだいぶこの練習のおかげで鍛えられた感じがします。

最近これはあんまりやってなかったんですけど、せっかくなので動画とってみました。

以前の記事にも書いた通り、メトロノームは裏拍で使います。これはテンポ70で弾いてるので、半分のBPM=35にメトロノームを設定します。

「ピ」となるところが2拍目。スネアがなるところです。

あー、、、今録画みてたら、小指、あんまり上空待機してないですね。。。また、下りのところでタイミングずれたのを調整してて気持ち悪いですな。

というわけで、リズムが取りきれてないとこうなるよ、という「悪い例」としてご覧くださいませ。この裏拍でやるの、意外に難しいんですよね。。。

動画では1回で終了してますが、実際はこのまま何往復もしてくださいね!

あ、右手のピッキングが映ってないや。。。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました