稽古60回目 部内戦

スポンサーリンク

稽古60回目!

 

稽古納めということで部内戦でした。

 

結果は、、、

 

 

 

準優勝。惜しい!

 

 

 

 

以前から難敵・強敵といっているYさんが決勝戦の相手でした。

 

地力はYさんが上。

ただ、最近ちょっと近づけている気がしています。

 

 

さて、勝負!

 

 

前回対戦したときは、私が攻めるのに対してYさんが距離をとって、私を引っ張り出すような感じでした。

ただ、今回はYさんからぐいぐい攻めてきます。

 

ひょいと担ぐような攻め方が多いのですが、そこからの面の伸びが非常に速い。

面が空いてるようにも見えるので、そこで面に行くと、待ってましたとばかりに合い面を喰らいます。担いでいるのはある意味半分振りかぶってるような感じですね。

 

そこからのコテもうまい。

 

かといって、様子を見てしまうとそこからの面が思ったよりずっと速く、かつ伸びてくるので打たれてしまいがちです。

 

 

やはりこちらから攻めねば。

 

以前はこの攻めが全然通用しなかったのですが、今回は効いている。Yさんを押し返すこともできており、ここまで一進一退。

 

 

どうも力が入っている。

肩の力を抜いて、もう一回、相手の全体をみて起こりを捉えられるように力を抜きます。

そこから思い切って上を攻めた時に、Yさんが前にきた!

 

ここ!

 

と思って面に飛ぶ。

 

タイミングは私がとった。当たった!

が、お互いに飛び込みすぎてだいぶ深かったです。旗は1本あがりましたが。

 

むーーーー、、、惜しかった。

 

 

その後、Yさんの攻勢が強まる。

 

担がれて足をセットされてしまうと防御一辺倒になってしまうので、作戦変更。

Yさんが担ぐ際に割と大胆にぐっと入ってくるので、その出鼻を捉えようと思いました。

 

下手すると出小手を取られるので間合いが大切。。。

 

Yさんが入ってくるところを打ち抜く・・・!触刃の間で気合いを張ります。

 

さあ、きた!

 

 

・・・惜しい!

届かなかったw

ちと速かったか^^;

 

 

そんなこんなしてるうちにタイムアップ。決勝なので延長です。

 

 

延長でも一進一退。

なんとかYさんの起こりを捉えて面を上から乗るしかない。

 

しかしこれは失敗。さっきとは異なりYさんのほうが乗っていて非常に危なかった。旗が1本上がったのを見ました。

 

いや、危ない危ない。

これは危なかった。

 

 

鍔迫り合いをYさんがすぐに解消するのですが、こうなると鍔迫り合いをもっと厳しくやるか、と考えながら別れた直後。

 

 

Yさんが随分遠間からぐっと入ってくる。

 

一瞬気が抜けていたのかもしれない。

完全に居ついてしまいました。

 

そこからYさんの速く伸びのある面が炸裂!

 

いやー、まいりました。完全にやられた。。。

完璧に打たれてしまいました。。。

 

 

と言うわけで残念ながら準優勝^^;;

 

 

まあ自分もいいところ出せたし、進歩も感じたし、あまりにも見事に打たれたので悔しさはあまり感じませんでした。

まだYさんの壁は超えられなかったなーと。

 

 

また夏くらいに部内戦あるとおもいますので、その際にまたトライしたいと思います^^

 

ビデオはとったのですが、まだ見れてません。

ビデオをよく見て自分のイマイチなところをよく研究して次の稽古に活かしていきたいと思います!

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました