Uberschall ペダルの歪みとMark V 歪みの比較

この記事は8年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

前回記事( → トレードしたアイテム )では、JCと組み合わせたが、なんとなくJCの状態が悪いんじゃないか疑惑がありましたが、自宅でMark Vと組み合わせてみると、、、これがなかなかいけるんじゃないか、と。

Mark Vも歪みますが、ちょっと歪みの質がちがって、無機質でメタルちっくな感じが出ていいな、、、と。

ウバーシャル、、、と書いてきましたが、Youtubeの外国人の発音きいてると、「ウーバーシャル」のようですね。

セッティングはこんな感じ。

ゲインはマックス。そしてベースもかなりあげてます。だって、ベースがでるのが特徴的なのでつい上げちゃった。でも、音的に飽和してぐずつく感じはないですよ。

Mark VはCh1の「Fat」というモードですね。太いクリーンがでるモードです。

なんか最近、マイクで練習を録音するのがなにやら楽しい。
そこまで音量出せないので、あとで音量を増幅するんですが、そうするとピックが弦にあたるチャカチャカ音がまざってるのに気づいた。これ、あんまり好きじゃないんですよね。

さて!

前半が、ウーバーシャル。後半が、Mark Vのみの歪みです。
ウーバーシャルのほうが無機質なメタルっぽい音がしますね。もうちょいミッド削ってもっとわかりやすいメタル感だせばよかったかな?

Mark Vのほうのセッティングはこんな感じ。

普通はローをもうちょっと下げてますが、録音したらウーバーシャルに対して寂しかったのであげました。

Mark V 使用アーティストで有名なジョン・ペトルーシは、Youtubeで自身のセッティングについて解説してますね。なので、セッティング真似てみました。

→ JPの解説動画

とりあえず、ウーバーシャル、けっこういい感じ。
エクスタシー・レッドはハイがしゅわしゅわしちゃうのですが、ウーバーシャルはシュワシュワしないで素直に伸びてくるのでその点はセッティングしやすいな、と思いました。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました