【弾いてみた】Sober by P!NK

この記事は2年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

前回の「Take A Look Around」のように簡単にできて、かつ自分的に練習が楽しいのはないか、、、ということで選んだのが、P!NKの曲で「Sober」というやつです。

 

P!NKは見た目があんま好きじゃないんですが、曲は好き。カッコよす。

 

しかし、前回の弾いてみた動画のTake A Look Aroundは、大して経ってないとおもってたのに、昨年の9月にやってるんですね。いやー、時が経つのが早いわー。

 

 

 

 

フレーズが簡単でもカッコ良く弾くのは難しい、、、ってことで、最初のギターのイントロにしても、原曲のようにはいかないですね^^;

こないだまで、もっと「だるい感じ」を出そうとしてたのに、本番ではすっかり忘れてた。

 

 

 

あと、ベースやドラムやボーカル、シンセなどの「ギター抜きバッキング」は、例によってここからもらっています。

https://www.guitarbackingtrack.com/play/p!nk/sober.htm

 

 

これくらいシンプルな曲だと、原曲に合わせちゃうとどっちが自分のギターの音なんだかわからないので、ギター抜き音源がありがたいですね^^

このバッキング音源は、ギター抜き音源とはいえ、サビの部分だけカッティングのギターの音が入ってるようです。

 

あとそうだ。

 

前の「ギターによって弾きやすい・弾きにくい」みたいな記事(1つ2つ前のやつ)で、書いた「最高に弾きやすい」では音が出るのに、「普通に弾きやすい」では音がかすれるといったのは例えばこういうやつでした。

 

 

このオブリの時、小指外しても薬指が隣の弦にわずかにふれるとか、セーハが緩むとかの理由で、音がかすれることがありました。これだけでなくて、オブリは聞いてるとおんなじような感じですが、全部一応違うフレーズなのですが、最初は安定して弾くことができませんでした^^;

 

ちなみに、JPとシロスケでは最初からほぼ問題なく音がでる。

シロスケが一番問題ない。フレット間が一番広いから指が当たりにくいのか^^

 

 

 

 

ギターはシロスケ。

ストラトボディにテレネックのギターです。

 

アンプは、こういうクランチっぽいのは、Drity Shirley一択ですね。

が、実際のアンプではなくKemperで鳴らしています。

 

最近、リアルアンプ鳴らしたい感じがすごいして、そういう意味でUADのOXが今更気になります。。。

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました