Kemperのルーパー機能

スポンサーリンク

今日はなんか早く目覚めてしまいました。

で、午前中はジムに行って筋トレ。

帰ってきて次男でお昼食べ、即位礼正殿の儀をテレビでみる。一方、妻と長男はどっかに出かけてます。

14時から次男の友達が家に遊びにくるが、完全放置で私は部屋に篭り、ギターで遊ぶ^^

今日は久しぶりにケンパーのアップデートをしてみました。

いつの間にやらバージョン7にまでなってる。

気付いたらエフェクトがえらい勢いで増えてます。ちょいちょいいじると面白そうなのですが、ちょっとそれはまた別の機会に。

今日はケンパー付属のルーパーについて。

ケンパーのルーパー機能の問題点

REMOTEからルーパーを起動することができて、たまにチマチマ使ってたのですが、一つ不満が。

音を重ねていくと、なんか飽和しちゃうのです。

たとえばギターのボリューム絞ってクリーンでバッキング入れて、ボリューム全開でソロ入れようとすると、なんか飽和する。

ヘッドルーム不足という感じで、リードが入るとバッキングの音が消えちゃう、ダッキングして小さくなる、みたいな症状がありました。

これ、実はStrymonのTIMELINEでも同じことが起きます。

TIMELINEの場合、アンプのループに入れてるので、単純にヘッドルーム不足、、というのはうなづける。

しかし、ケンパー内でそんなことあるのか??なんかおかしい。なにかがおかしい。

実はバージョン7にあげたのは、これってなんかのバグとかじゃないの?みたいな疑いもあったからなのです。

結論から言うと、バグなどではなかった。

ちゃんと解決法はあったのでした。

(解決)ルーパーのインサートポジションが選べるのだった

SYSTEMボタンで設定画面にはいり、Remote Settingページの右上に、このように「Looper Loc: output」というのがある。

じつはこれ、デフォルトは、INPUTとなっていました。

こうすると、ルーパーはいちばん手前に配置されます。ケンパーのエフェクトやアンプモデルより手前で録音されるので、ルーパー再生中に音色変えたりエフェクト変えると、オーバーダブされた全ての音が影響を受けます。

私の飽和の問題は、おそらくですがオーバーダブを重ねて全体のレベルがあがり、ケンパーのインプットに大きな音量が入りすぎて飽和した、、、のかなあと思います。多分。

で、これをoutput(写真の状態)にすると、全てのエフェクト→アンプモデルの後にルーパーが接続される。

通常、期待するルーパーの動作はこれだ。

ややこしいのでデフォルトはoutputのほうがいいんじゃないだろうか。

inputで便利なのは、たとえばフレーズを弾いて再生しながら、アンプモデル変えたりエフェクター変えたりなど、いわばリアンプ的な使い方ができることです。

でも、「ルーパー機能」があると聞いて普通期待する動作は、outputのほうが圧倒的多数だと思うんだよなあ。。。

ちなみにこれ、下の動画をみてしりました。。。

飽和するのが絶対おかしいと思ってたので、使い方調べてみたら案の定ってことでした。

これの通り、outputに設定を変えたら、もう大丈夫。

非常に快適なルーパーライフが待っていた。

どんなに重ねても飽和しない^^

ただルーパーは、狙った通りのタイミングよりちょっと速かったり遅れたりで、綺麗なループにするのもなかなか苦労するのですが、今日ずっとルーパーで遊んでたらちょっとだけコツを掴んできた。

面白いなあ、これ。。。

しばらくハマりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました