アメブロから引っ越しました。リンク切れは気付き次第直しています。すいません!

初めてのPRS弦交換

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

ワシノスリ(PRS)は買ってから一回も弦交換してないので、1ヶ月半くらいですかね。
さすがに感触悪くなってきたので、初めての弦交換をしてみました。

ちなみに、レスポールに慣れている身にとっては、それ以外が全部めんどくさく感じたりしますw ストラトの弦交換も嫌だったな。。。

交換前。

なんか黒いねじがペグにあります。

ロック式ペグというそうです。

これ、、、弦交換が圧倒的に簡単です!

まずは、弦をすべて取り外す。

ボディの裏から弦を通す。

表から出てくる。
この辺はストラトとかと一緒ですね。

弦をペグに通す。
この辺はレスポールと一緒。

次からが真骨頂です!

黒いねじをぐりっとまわす。
これで弦がロックされます。

コインでもうちょっときつく締め増す。

切る。

終わり。

簡単すぎる!
簡単すぎる!

ロック式ペグ最高。
ペグ界、最強。
ペグ界のラオウなり、魔神ぶうなり、好きなように名乗ってくれてかまわないです。

いやー、これを知ったら元に戻れない体になりますよww
どこにもめんどくさい部分がありません。。。

しかも精度も高い。
PRSはレスポールとかよりも全然チューニングの精度高い。このペグ方式で問題ない。

良いことしかないじゃないですか。。。
’99レモンになら換装してもよいな。マジで。

あまりの弦交換の楽チンさに感動しました。

人って、弦交換でも感動できるんですね。。。

ロック式ペグ未経験の方、ぜひ経験してもらいたいです。

しかし、お店で「弦交換させてください。」といったら店員さん、どんな顔するでしょうねww
「自分で弦持ってきたので、交換させてください!お願いします!」とか言ったらびっくりするだろうなあ^^

あと、これからギター始める人が、ロック式ペグから入ると、あとで苦労すると思いますw
ロック式ペグしか知らないと、ほかのペグがマジで馬鹿に見えると思いますので。。。

※後で知ったのですが、余った弦を切る前に、ペグに弦を巻くように曲げておいた方が見栄えよいし、お作法のようです。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました