スタジオで遊んでもらった

スポンサーリンク

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

昨日、minamiさんにお誘いいただき、スタジオで遊んでもらう。

→ minamiさんのブログ

駐車場の位置がわからず、10分前くらいにスタジオは発見したにも関わらず、グルグルしているうちにちょいと遅刻。。。すいません。
スタジオは新しくて広い素敵スタジオでした。アンプとか機材が、新しくて気持ちよい。

さて、ちょい遅刻したのでいそいそセッティングする。
KemperをJCにつないで音出す。

・・・ん?

隣ではすでにminamiさんが5150で音を出しているが、それに対してあまりにもしょぼい。くぐもった抜けの悪ーい音がして焦る。リターンにいれると音量調整が敏感すぎて難しいので、フロントに入れてたんですがなんかおかしい。リターンに接続。状況変わらず。

あれー、いつももうちょっと良い気がしてたけど? 前にバンドで使ったときはJCM900にたいしても埋もれたりせずに、おお、いけるじゃんと思ってたのに。。。

このJC新しいしアンプのせいでないとすると、minamiさんの5150が良すぎて、本来存在した差がわかりやすくなったのかな。。。それともバンドでは爆音でごまかされただけか??

そうこうしてるうちに、音が出たり出なかったり・・・

あれー、こんな事も初めて。。。
そして着てた薄手のセーターがなんか暑くて汗だくになる。。。脱ぐ。
なんかいろいろやばい。

JCを諦めて、Fenderにつなぐ。
全然ダメ。よくわからない音になったww  

そのうち、minamiさんが、Kemperをミキサーにつないで部屋のスピーカーから音を出す。

おー。

ようやくまともな感じに!
PAにつないだほうが良いはずとは思ってたけどやったことなかった。こっちのほうが音的には断然いい。

ただ、音が上から降ってくるので、若干の違和感はぬぐえないがw

今度バンドで演奏するときはこっちで試そう。ただ、ボーカルとかぶるのでどうだろうなあ。。。

さて、

minamiさんがオケを流しながら交互にリードをとって遊ぶ。
ブログの動画でも一目瞭然なように、minamiさん、めっちゃかっこいいフレーズを滑らかに弾かれます。おお、すげーーーー! 音も超気持ちいい感じです。5150いいアンプだー。そして僕の方のプレイは単調だわー、、、

もっとがんばろう。

minamiさんのレスポールは、杢が暴れた感じでかっこいい。
弾かせていただいたときはkemper不調等により、ギター本体にちゃんと集中できなかったのが悔やまれる。。。僕のJoePerry1959ももっと弾いてもらえば良かった。

ということで、練習相手としては不足ですが、またぜひ遊んでください!

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました