深夜飲みから早朝稽古

この記事は2年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

ちょっとだけ付き合って12時前には寝ようと思ってたのに、結局2:00まで付き合ってしまった。。。

 

朝、起きて支度するときはまだ顔が火照っててお酒残ってるなー、という感じ。

 

さて、昨夜遊びに来てくれた友人の一人が、

 

「パイナップル+生山椒+オリーブオイル」という組み合わせがいいとかいうのでやって見た。

これはなんでしょうねw よくわからん組み合わせですが、、、パイナップルも山椒もオリーブオイルも好きですけど。

 

 

 

で、やってみた。

これはけっこうあり。

 

私見では、しばらく放置してグダグダになって来てからの方が美味しかった^^

 

 

さらにお土産でいただいたチョコレート。

シャンパンのチョコレートといったかな?

 

これ、、、めっちゃうまかった。

 

これ食べた時点で0時くらいなので、糖質制限マン的にアウトもいいところですがw

 

あんまり甘くないけど美味しい、みたいなのが主流だと思うのですが、これはがっつり甘い。そしてお酒が結構効いててパンチがあります。

 

これはかなり美味い。。。なんかのおりのお土産とかにしたら喜ばれそうです。どこで売ってるか知らないけど。

 

 

 

ーーーーーーー

 

で、稽古。

 

寝不足でだるいし、なんか集中力が。。。素振り中に、なんか集中が途切れまくりでした。

 

幸い(?)、子供の元立ちで基本練習ばっかりだったので、身体的には楽でした。コンディション考えるとちょうど良かったかな。

 

ただ、あまりにも物足りなかったので、最後の10分間の廻り稽古は飛ばしました^^

で、なんか調子良かった。

 

前回稽古で、「竹刀の先を細かく動かすのなるべくやめた方が良い。年齢的にも今後の段位的にも、どっしり構えてタイミングで打ったりしない。そうすると風格が出て来ますから。」と指導を受けてました。

 

たしかに試合のビデオとか見直すと、自分でもちと気になってたんですよね。竹刀動かし過ぎかな、、、と。

 

 

そこで今日はぴしっと剣先を静止させてやってみました。結果、中心の取り合いによりシビアになり、攻めがより効くようになって来たような気もします。

 

寝不足二日酔いのわりには、身体のキレがまあまああって、なんかとにかく地稽古は調子良かったです。

稽古終了後、前述のアドバイスいただいた館長先生には、「今日良かった。打突にキレがあった。ただ、まだタイミングで打ってるなーというのがある。」とのこと。まあ、自覚ありですw

 

流石に以前みたいに、単なるタイミングで打ってることはなくて、一応攻めが効いたのちの打突だとは思いますが、その程度感はわりと差があります。

 

攻めあいに勝って崩れたところを入っていって、中心が取れているのでそのままどん!と打って有効打突になる会心の一撃みたいなケースと、おおよそ攻め勝ってるけど、タイミング的に今行かないと防御に入られるから的な理由で見切りで打ってるときがあります。

 

後者はやっぱりきっちり攻め勝ってるわけではないというか、ここで打ってけば崩れるだろう、たぶん的な予測もあるわけです。ただこういう時ってやっぱり胴を抜かれたり小手を抑えられたりするので、やっぱり攻め勝ってないということなんでしょう。

 

ここをもう少し我慢して、本当の好機という時にスパッと身体が前に出るようになれば、レベルアップしたと言えそうな気がするので、がんばりたいです^^

 

まあ、我慢、、、というのとも微妙に違う気がする。

攻め合いと打突の間のごくわずかな時間帯&間合いの、解像度を上げれば良い、というイメージ。

 

まあでも簡単には解像度は上がらないので、だからこそここが修練、ということですね。いつどれくらい解像度があげられるかわかりませんが、なんかイメージはあるので、今よりもうちょっと強くなれるんじゃないか、、、と思っております^^

 

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました