594の弦高

この記事は3年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

購入時にちと弦高が高いと思ったので、生音でビビらない程度まで下げて欲しいと依頼しておりました。

 

が、引取りの際に特に確認はしなかった。

 

もうほんのちょっと低い方が弾きやすいかなあ?

特にB’z練習中で速いパッセージだともうちょい低い方が安定するかもと思わなくもない。

 

 

 

ブリッジに100円玉が入りました。

100円玉は、厚みは1.7mmだそうです。

 

PRSの基準としてはここは1.6mm。

 

 

100円玉が入って、目視でもまだ隙間がある。

1.73〜5mmくらいだろうか。

 

ちなみに、ワシノスリだと、ここに100円玉は入らない。

 

 

 

それどころか、1.5mm厚の1円玉も入らない。

というわけで、PRS標準の1.6mm以下。1.45mmくらいになってると思われる。

 

弦高が高い方がパワー感が感じられて好きなんですが、594はやっぱりもう気持ちさげたいところですね。

あと、0.2mm下げたい。

 

自分でブリッジのネジを調整してしまおうかと思ったが、例の微妙な調整が必要で、下手すると壊すという警告付きの箇所なので、、、まあ、店持っていくか。。。めんどくさい。

 

どうも、ネジとブリッジが連動してるらしく高さとか向きがあってないと、トレモロブロックの動きに影響があるらしい。

 

まあこうなると、PRSのセッティングの講習受けてるであろう正規ディーラーに持っていくのが安心というやつなのですが、車停めにくくて面倒なんだよな。。。でもまあ仕方ないので近いうち持っていこうと思います。

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました