シリアルから年代を知れた

 

ここ連続で書いてる記事の通り、不意なことから手に入ってしまったOvation。

 

 

買ったわけでも貰ったわけでもなく、、、

 

 

なんか「拾った」「発掘した」という感覚。

「発掘」じゃないな。やっぱり「拾った」感ですね、近いのは。

 

 

 

 

 

 

今ひとつ詳細不明なのですが、Ovationのホームページに、シリアルの一覧がありました。

 

 

 

どれどれ、、、とシリアルを探すとあった!

 

 

 

 

むむ!

93年製!!

 

 

 

 

・・・ということは。

 

 

手持ちのギターの中では、96年製の黒ペリーを超え、もっとも古いギターということになります。

 

20年経ってるわけですね。。。

 

 

 

レモンオイルをつけて、ちょっとギターの指板らしく復活した。

 

ちなみに下の写真が発掘当初の写真。

 

 

 

このしらちゃけた渇いちゃった感じ、やばい。

屋外に晒しっぱなしの、古い板みたいなやばさ。

 

それがレモンオイルを吸って一晩、ギターっぽく復活してきた。

↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

指板、へっこんでますね。

父がこんなに弾き込むはずがないので、前オーナー並びに経年でしょうか。

 

指板にこれがあると一気にヴィンテージ感がでますね。

 

 

まあ、一般的に90年代のギターをヴィンテージとは呼ばないとおもいますが、あと20年もすれば立派なヴィンテージでしょうw

 

 

スペックの詳細を知りたかったのですが、OvationホームページのArchiveセクションには記載なし。モデル名ごと記載なし。

 

どういうことなんでしょうw

 

 

 

おそらくカーボントップにマホガニーネック。

 

 

 

 

 

ウォルナット指板に、ウォルナットのブリッジ。

 

 

 

 

スーパーシャローボディ。

って後ろからじゃわかりませんね^^;

 

 

 

ピックアップというのかな。プリアンプ?

OP24とかいてありますね。

 

Webでみつかる1881 nb2の他の個体は、ここにチューナーがついてたり、グライコがもうちょっと多かったりするようです。製造年代によってちがうんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

このバインディング、かっこいい。

 

 

 

どうも現在は、Adamasはレギュラー生産はされてないそうですね。

そういう意味ではなかなか貴重かもしれない。

 

 

 

コメントで「オベーションは独特な音が~」とコメントいただいております。

一般的なアコギと比べてどう独特なのかまだ全然わからんので、これから録音等して比べて行きたいと思っています^^

 

 

しかし夜弾いてみたら、結構な音量だな、これ。。。まだピックでは弾いてませんが、相当な大音量がでそうです。

 

シャローボディっていっても低音も十分な気が。

 

 

 

さて、これが思いがけずも手に入ったとはいえ、アコギ探しの旅は終了、、、はしないですw

 

このギターはこれから長く愛用したいと思いますが、これはこれ、それはそれってやつで。。。

 

まあでもこれのおかげで腰を落ち着けて探せます。

アダマスが独特なんだとしたら王道が良いと思います。

 

 

それも、良いのがもし見つかれば良し。なければいらない、という余裕の構えを取ることができます。

 

 

余裕の構え・・・?

決して無理しないで、流れに身をまかせる・・・?

 

 

 

 

 

そうか。

お手本はトキですね。

 

トキの柔の拳は、激流に逆らわず、むしろその流れに身を任せて同化するのです。

 

 

 

 

そう。この「スッ」って感じ。

 

 

 

 

 

こんな感じでアコギの試奏をしていくことにしましょうw

 

 

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました