稽古38回目

この記事は2年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

行ってきました。楽しかった^^

 

 

今日はおそらく10くらい下の方だと思うのですが、明らかに段位も実力も上という方に稽古をお願いして、(先生以外では)久々に、まさに「手も足も出ない」という状態になりましたww

 

まあ前から拝見してて、明らかにレベル違いなのでわかってましたが、実際にやってみると思ってたより何もできませんでした^^;

 

 

ぐいぐいと前に攻めてくるテンポの速さに何もできず、まさに浮き足立つとはこのこと。

 

いやー、いい稽古いただきました。その方も明らかな上手でしたが、結構バンバン動いてくれて本気、、、じゃないかもしれませんが力を抜かないでちゃんとやってくれたのが嬉しかったです。

 

応じようなんて思ったらぐいっと攻め込まれて居着かされてぼーんと面打たれ、跳ね返そうと思っては応じられたり上に乗られたり、とにかくもう、なんもできませんでしたww

 

後に、その方から、「nicoさんは面のスピードがあるから表で普通に対応するとちょっと危ないと思ったので、こうやって裏に誘導してこうやって、、、」と解説やアドバイスいただいたのですが、正直そんなことしてくれなくてもどうやっても問題ないレベル差だったと思います。とにかく強い方の攻めの強さを実感することができたのは収穫でした。この方と試合だったら30秒もたないな、、、とおもいましたね、正直w

 

 

今日は計10本くらいですかね。地稽古できました。一本勝負はその強い方以外は一応全部とれた、、、のかとらしてくれたのかわかりませんがまあよくできた。

 

ただ、やっぱり打つときに顎あがるなあ、と改めて思いました。これ直したいなあ。多分、以前より上がるようになっちゃったんだと思います。一方で、左手が伸びるような打ちは以前よりできる回数が増えてきた。

 

あと、攻めて打つということがわかってから、いつの間にか、上段がそんなに苦手じゃなくなった、、、かも?

得意とは言いませんが、前みたいに上段に対してどうしていいかわからんみたいなこともなく、中段と同じような感覚で攻めて打ったり、応じたりできるようになってきた。これもこの1年くらいの大きな収穫かと思われます^^

 

 

よし、まだ体力的にも、足とかも元気なので夜の稽古も行こうと思います。

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました