ここは弾いてて気持ちいいパート!

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

前回の記事の続きです。
→ 無謀な挑戦。Pull Me Underコピーしようの記事

さて、実は今回の記事の動画のパートを聴いた時、

あ、これは100%無理だわ

と思ったのですが、やってみたら意外に、、、大丈夫だった。

こんな無理ゲーっぽいパートが意外に弾けるかも、、、と思ったのが、この曲のコピーに挑戦しようと思った最大の理由です。

まずは、、、

原曲のスピードで弾いてみたやつ。
途中から指のバタつきが半端なくなり、最後は弾けてませんが、これは練習の過程な記事なので晒します。月曜日、火曜日とテレビ見ながら生音で練習していて、アンプで音を出したのは今日が初めてです。

前半は快調に弾いています。

これ、、、気持ちいいww

そこからの変化の部分も弾いてて超楽しい感じです。

そして登っていくフレーズに入るわけですが、徐々に徐々に、指のバタつきが大きくなってきます。

ちょっとまだ弾き慣れてなくて一瞬迷ったりするので、、、

ただ、これはあと数日弾いてれば多分ここは大丈夫。

問題は最後のむっちゃ早いピロピロフレーズ。

これはピロピロすぎて無理!だけど割と短いのでなんとかごまかせるかも!と思ってやってみました。

非常にクロマチックな運指なので、ジョン・ペトルーチみたいに粒立ちよく弾くのは無理でも、それっぽい感じにはいずれ弾けそうな気もした。

Sweet Child’O Mineのソロの方が難しいとみました。

さて、基本的にはこの半分のスピードで練習しています。下の動画です。

このスピードでも正直ちょっと怪しい。。。

ピロピロフレーズのところのピッキングがたまに逆になったりします。
原因はわかってるのですが、、、次の弦に移動する時に、スピードが速いと勝手にエコノミーピッキングになってオルタネイトが崩れます。

そして動画見てると笑えるのですが、途中で、小指が、ぐいん!
と超遠いところから飛んできますww

これじゃあスピード上げたら弾けないし、安定しないでしょうね。。。

プログレっぽい感じやドリームシアター自体が特に好きなわけではないのですが、このアルバムだけはめっちゃ好き。

名曲ぞろいです^^

Pull Me Underのマスターまではかなりの時間がかかるでしょうけど、また定期的に練習記録をつけてみたいと思います^^

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました