【答え合わせ】UAD-2 TS-808 プラグインクイックレビュー

スポンサーリンク

この記事は5年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

エフェクターの銘器、TS-808がUAD-2のプラグインになりました。

先の記事で書きましたが、本物ヴィンテージのTS-808と、35周年のリイシューがちょうど手元にあります。

→ 前の記事

まずはクイックな比較から。
前記事の動画を再掲します。

さて、No.1からNo.3まで三機種。どれがどれなんでしょうか。。。

発表します!

No.1

いただいたコメントでは一番人気ですね。

これは、、、

35周年記念のリイシューでした~^^

すっきりとバランスよくいいですね。
実際弾いてると、あっさりしすぎてハイファイすぎるような感想なのですが、録音を聞くと良い感じですねえ。

ヴィンテージは高いので、私もこれ、欲しくなってきてて、どうしようかな、と考え中w

次にいきます。

No.2!

・・・

・・・

はい。No.2はヴィンテージTS-808(JRCチップ)でした!

レンジが狭い印象を受けたと思いますし、実際そうです。

スタジオ音量だとわかりやすいですが、つないだ瞬間から、ローパスフィルターがかかる感じです。

ただ、録音すると、こもってていまいちな感じがしますが、実際にスタジオで弾いてるとこれが一番いい印象なんだよなあ。。。

録音のようにハイがたりない感じもしないですし、なにより、コクがありますw

特に巻き弦を弾いた時の、かすれる感じとか、浮遊する歪・ノイズ成分がいい感じ。

しかし、こうやって録音で聞きかえすと、個人的な好みとしては、一番ぱっとしないのがヴィンテージとは。。。

もうちょい音量あげないと本領発揮しないかなあ??

というわけで、No.3がプラグインのTS-808でした^^

この動画でキャプチャーできてるかどうかわかりませんが、歪やノイズ感、すごく感じがでています。

ただ、現実のハードウェアよりも格段にS/Nが良いです。非常にクッキリ。

No.1をさらにクッキリ爽やかにした感じですかね。

しかしすごいですね。この完成度。

まだまだ検証足りませんが、ブラインドで判別できる自信がないです。
実際には、ギター弾かずに放置した時のノイズの出方でわかります。つまりソフトのほうはノイズがほとんどないですが、本物は、じーーーーーっというノイズがでています。

ただ、音色そのものでは自分は区別できない自信があります。

さて、各ノブを動かした時の変化の感じも、また突き合わせて確認してませんが、違和感ないです。

さすがのUniversal Audio製。
安定の高クオリティ。

このTS-808と同時に、Big MuffとRATもプラグインとして登場しています^^

非常によくできてると思います。

ファーストインプレッションとしてはそんな感じです^^

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました