マーラさんゴールデンストラト

昨夜、マーラさんとスタジオ遊び。
 

私はもちろん初のゴールド枠であるピートソーン(以下PT)を持っていったのですが、マーラさんはそれに呼応したのか関係ないのかさだかじゃないですが、ゴールド枠を持ってきてくれました。

 

 

 
このギター、以前にも何回かみてるのですが好きなんですよね^^
キラッキラのゴールドにP90が3発というユニークな仕様です。
 
 
 
 
image
 
弾かせてもらってしばらくすると、あれ、これ指板すげえ。。。と思いました。
 
横から見る指板の木が綺麗だな〜〜〜と。
弾いてても、指板が指に触れる感触がなんか滑らかでなんかすごい指心地が良い。
 
ネックグリップもとても良い。
 
レスポール メインできているので、どこがどうと言えないのですが、若干ストラトに弾きにくさを感じてきたのですが、全然違和感なくていいな〜、ということで、一回ギターを交換したらそのまま最後までいってしまいましたw
 
ですので比較してどうこういうのは言えないのですが、とにかくよかった。
特に最近ミックスポジションが好きなので、PUSH/PULLでネックとブリッジのミックスかな?あれの音がかしゅっとなって、P90の甘さとか自分の好きな感じが存分に出てきてとてもよかった^^
 
 
 
image
 
マーラさんに弾かれるPT。
弾きやすいとおっしゃってくれましたが、自分も全く同感ですね。
 
image
 
アンプはHelix。
次回ライブでやる曲のプリセットを作って試してました(写真はそれではない)。
 
音作りの際にモニタースピーカーで聴いてたら、低音の濁りが気になってEQでカットしてましたが、ちょっとカット具合が大きかったかな。。。
 
DAWに録音するときなどは、ローエンドのぐも〜〜〜となってるところはちょっと切った方がいい音に聴こえるのでそのノリでやったのですが、バンド演奏とかするにはやや迫力に欠けるかもしれない。
 
その代わり明瞭な音にはなってたと思うので、カット具合をもうすこし加減してやればいいかな。
この辺はそのうちバンド練習とか始まったらいい塩梅がわかってきそうです。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました