モカの次期PUについて

スポンサーリンク

 

 

最近、ちょっと弾けてないモカ。

 

Throbak搭載中でいい音するんですが、Throbak効果でなんとなくモカの個性を薄めてしまったような気もしています。

 

このギターはもともと、ローエンドがタイトで、塊感、凝縮感の強い音が持ち味だったのですが、Thorbak搭載したらローエンドがルーズになり、出力も弱くなったため、ある意味レスポール等で聞き慣れた感じに寄った感じがする。

 

そういう一般的に言われるPAF感というかヴィンテージ感みたいな系統の音はもちろん好きなんですが、なにもこのギターまでそっちに寄せなくてもいい気もするわけです。基本、ギターはそれぞれ特徴を持たせて使い分けたい派です。

 

とすると、やはりこのタイトなローエンドと硬質な響きを活かす方向にするのが正しい感じがする。

 

 

PRSのMetalとか積んでみようかな。。。

いわゆるPAF系じゃなくて、モダン系を載せてみたいような。といっても、アクティブはやりすぎだし電池とかめんどくさい。

 

そうだなあMetalまでいかなくても、ワシノスリにのってる59/09あたりでもいいかもしれない。

まあ、一方でモカの硬質な響きはクリーンがとても綺麗に聞こえるので、そんな高出力でゴリゴリ歪ませるのでなくてもいいかも。

 

 

ともかく、ローエンドがタイトなPU、、、というカテゴリでなんかおすすめあれば是非お聞きしたいです^^

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました