鍵盤、細部の処理

この記事は5年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

パチモン・リローデッドということで、7月4日にライブを再度やらせていただきます。

ただ、残念ながらキーボードOKP氏が参加できません。。。

JAMとかどうするか。。。あれはさすがにキーボードがないと成立しません。

私がJAMを演奏する時だけキーボードを弾くかな、ということで譜面をさらって弾いてみました。コード押さえてるだけなので特に問題なし。でもただでさえ多い荷物がますます増えるのでそれが嫌だ。弾くのはいいのですが。

そうしたらドラムN氏が、あらかじめ録音して、それとは別にクリックくれれば同期して叩いてみる、と発言。

・・・おお、まじですか。そんなことできるんですか。そうなるとLinkn Parkとかやりたくなるんですけど。。。

一応自分で弾くのと、同期バージョンと両方次回練習で試してみようと思っています^^

マーク5の側面。
アンプ上部から斜めにぴしっと造形されています。

実は切り落としてすぐに気づいたんですが、この斜めにするところの処理失敗した。

天板から斜めに切り落とさなければならないのでした。

          _________
        /                
      /              
    /
   |
   |

上のようにしたいのに、私のは、下のようになってます。

          __________
    |
       / 
     /
    |
    |

天板が垂直に下に降りてそこから斜めが始まってます。これは不格好。
でももうどうしようもない。奥行きの問題もあるので、直すとなると最初からやり直しです。

まあ不細工だけどいいや。ブサ可愛いみたいなポジションを狙いに行くことにします。

しかも天板と斜めの切り落としの接合部分がずれてる。

これはパテみたいなもので埋めた方がいいのかなあ。。。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました