Shrinklusonを装着!【Vintage Maniacs】

以前購入した!と書いたヴィンテージマニアックスの「シュリンクルーソン」。シュリンクしたクルーソンということでシャレが効いてますねw

ようやく装着してみました!

ビフォー・アフター写真

装着前はこうです。

すでに6弦のペグが赤いですが、これはDMCのペグを友人に加工してもらったものです。実は6弦だけではなく、それぞれ細かく処理されてます。この辺の詳細はこちら。

上の記事にあるように、本物の9-0663のペグの状態に近づけてくれました。すなわち6弦が激しく縮んでおり、4弦もそこそこやれてきてる、という状態ですね。

いやー、この記事久しぶりに見返しましたが、まじでらんでぃさん、素晴らしい。。。最近連絡とってないですがお元気でしょうか。

さて、これをVintage ManiacsのShurinklusonに交換すると、、、

6弦だけだとどうかな、、、ということで2弦も。

本物のバースト9 0663では4弦が次に傷んでるのですが、らんでぃさん加工の4弦ペグの感じが結構気に入ってるので、ここは残すことにします。

うーん、なんか写真のピントが合ってないな。

パーツ同士を比べるとこうです。

左がShrinkluson。右が友人加工。

Shrinklusonがすごいところ

なんといっても手触りです。

これがマジでリアル。。。

リアルとか言い切るのは、実際に本物のシュリンクペグをゲットしてつけたことがあるからです。

ここでつけたのは、もうほんとに崩壊寸前のもので、実際その後、崩壊してしまいましたww

Vintage ManiacsのShrinklusonは、本物の乾燥してペグの中心がえぐれていく感じや、表面の触感を再現してます。

これがすごい。

あと、実際にサイズが小さくなってるあたりもすごい。

遠目には、上のビフォーアフターのように、まあ似たようなもん、、、かもしれません。近づいてみると全然違いますが。

ただ、圧倒的に違うのが触感。これはギターに触るたびに違いを実感するはずで、そういう意味では「交換したぞ」感をつねに感じ続けることができる良い商品と言えます。

ただ6つ全部これにはしないかな、、、という

9 0663は6弦がシュリンクしてしまってるのですが、この商品、6個セットですww

正直、1個でいいんですよね。なんか勿体無いので2個つけてみましたが。

そういう人他にもいると思うので、残りの4個はヤフオク、メルカリ等で売ろうかなあ。なかなか高いパーツなので、1個ずつというのはそれなりに需要があるんじゃないか、、、と。どうでしょうね。

しばらく使ってみてから考えます^^

コメント

  1. PRS大好き より:

    nicoさん、こんばんは。

    JPはレプリカなので、細かい所まで拘りと大変ですね。
    9-0663と違う箇所が有ると気になるのでしょうね。

    実は絶対に買う事は無いだろうと思って居たAgedのレスポールを買いました。
    すると、純正で気に入らない部品を色々と変えています。
    課題のロールマークのトラスロッドカバーが入手出来なくて困っています。
    入手法をご存じないですか?
    モントルーに有ったのですが、廃盤になりました。
    Agedだと細かい所がとても気になります。

    • niconico より:

      まあ、私の場合は完璧なレプリカが欲しいってほどでもないのですが、とはいえ結構いろいろ替えてますねw
      友人が本物のバーストを持っていて見せてもらいましたが、結局細かな違いはわかってないので、雰囲気というかカスタムしたよ、という楽しみ方ですね。実際どれくらい似てるとかはあんまりわかってません。

      おお!Agedレスポールですか!いいですね!
      昔だとパーツ系はDMCが一通り揃ってた気がしますが、いまはどうなんでしょうね。

      エスカッションやピックカバーとかはここのを使ってます。
      https://bartlettguitarparts.com
      https://nico-blog.com/after-change-pickup-ring/

      臭いまで再現してるらしいですが、気にならなくなるまで2年くらいかかったので、おすすめしていいのかどうかってのはありますが。。。
      今見たら残念ながらトラスロッドカバーはないですね。

      ちらっとみるとロールマークのトラスカバーだとこんなのが出てきますね。ちゃんと熱して曲がってきたあとローラーで真っ直ぐにしてるとあります。買ってみようかなあ。
      https://www.creamtone.com/products/truss-rod-cover-for-vintage-and-historic-les-paul-aged-and-rolled-absolute-vintage-collection

  2. PRS大好き より:

    有難う御座います。
    PUリングとPGは記事で拝見しています。
    Cream Toneはサイトで買いましたが、商品を送ってくれません。
    メールしても全く返答が有りません。
    詐欺かも知れません。

    全く興味の無かったAgedですが、杢がとても良かったので買いました。
    買って見たらすっかり気に入りましたが、これで傷無しならもっと良いのにとも思って居ます。

    コレクターズチョイスですから、これもレプリカでは有ります。
    JP同様、何本も同じ個所に傷を付けたり、ヒビを作ったり、これはこれで技術ですね。
    面白いのは傷がちゃんと古く見えるところです。
    良く、Agedから元からの傷かどうかは分かりませんと中古個体で見掛けますが、後で付けた傷は分かると思います。
    人工的と言うのとも違う傷で、本当に不思議な仕事ですね。

    • niconico より:

      私も買ってみようと思って評判調べたら、海外のフォーラムでも何ヶ月も送ってこないとありますね。。。詐欺でないにしてもだいぶ時間かかっちゃいそうですね^^;

      Agedも出来がいいのと悪いのがありますね。担当してる人が違うんでしょうね。

      たしかにAgedもいいんですが、Grossフィニッシュも欲しいですよね。いつの間にかVOS仕様だけになって、ヒスコレ=程度の差こそあれAgedになっちゃいましたね。

  3. PRS大好き より:

    Cream Toneは倒産か夜逃げですかね?
    もう諦めました。

    GibsonはもうGrossを止めましたね、需要が無いのでしょうか?
    Grossはレギュラー品のみにして変な差別化をしたのでしょうか?

    Agedはやっぱりマーフィー氏関係が良いのでしょうか?
    コレクターズチョイスしか知りませんので、その辺の良し悪しは分かりません。
    Agedのテクニックは別にしても、ハードウェアの汚し加工は気に入り居ません。
    中途半端感がどうにもなりません。
    やり過ぎのもあるし、一体感が無くて取って付けた感拭えません。
    テールピースもブリッジの形状も違和感を感じます。

    と言う事で、色々と調べては買って楽しんでいます。
    テールピースはArea59 の製品がAged感も形状も一番良いのでは無いか?と思って居ます。

    今回コレクターズチョイスを買う前に現行品のVOSを買いましたが、Agedの方が何故か弾き込んだ感じの音がします。
    良いとか悪いとかでは無く、古いギターの音がします。
    巷で囁かれるAgedの方が良い音がすると言うのは本当なのでしょうか?

    03年BZFを買った時も同じR9・BZFでもAgedの方が良い音だと言われていました。
    NICOさんはレスポールを沢山経験されている様ですが、どんな印象をお持ちですか?

    • niconico より:

      ギブソンのAged加工は担当する人によって結構露骨に上手い下手がある気がしています^^;
      コレクターズチョイスがたくさん発表されていた時期なんかに顕著でしたが、気合の入ったモデルとそうでもないのが結構あった気がw

      音ですが、同じ年代でもAgedはすこし音の傾向違うような印象が私もあります。塗装の処理のせいなんでしょうかねー。理由はわかりませんが。
      03BZFは垂涎のモデルでしたね^^ 音はなんだかんだ結構、個体差が大きいと思っています。

      あと、製造年代の傾向は結構ある気がしてます。2013年と2014年は、音の傾向が変わった感じがしたんですよね。あくまで「全体感」の話ですが、2013年はよかった気がしていて、2014年後期や2015あたりは自分の好みからするとすこし外れてきたなあ、という風に思ったのを覚えてます^^

  4. PRS大好き より:

    Agedに差が有るのは担当者に因ってなんですね。
    コレクターズチョイスはモデルによって本国定価に凄い開きが有ったので全てが良い事は無いと思います。
    元の個体への再現度でも価格に差が有った様です。
    トップの選別とか、バックの木取りとか、重量迄寄せています。
    ここでも、58モデルは低い定価設定でした。
    59モデルとの差は最大で2倍以上有りました。
    6本買いましたが、重量も3.58~3.98も開きが有ります。
    1番軽いのは#35で、重いのは#30です。
    でも、音が1番好きなのは#38で3.79です。
    ルックスは#5です。

    03BZFは世間で言う程良いギターでは無いと感じています。
    ブラジリアンの希少性が評価されているのですが、余り良い材でも有りません。

    ギブソンは年によって傾向が変わるので面白いし、好みが分かれるのでしょうね。
    その辺をどう捉えるかだと思います。
    私は個体差は個性だと思う様にしています。
    カスタムショップの製品はきちんと一定のレベルの物だと感じます。

    Agedは塗装の関係が音に影響を与えているのでしょね。
    傷が影響していると言うのは如何なのでしょうか?
    表面積が広いので、良い音がすると言うのは理解に苦しみます。

    Agedはそう言うデザインだと思うと、受け入れられる様になりました。

    • niconico より:

      6本!
      いやあ、それはすごい^^

      私はもうレスポールを買うことはないかなあ、、、なんて思いもするのですが、ゴールドトップは定期的に欲しくなりますw

タイトルとURLをコピーしました