Mesa/Boogie + Uberschall + PRS

この記事は5年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

今日はいろいろ予定が入っていたのですが、思いがけず午後の用事がなくなったため、昼間、ギター練習ができました^^

Mesa/Boogie Heartbreaker。

クリーンはとても良いですが、歪みは泥臭い感じ。

昔はハイゲインを求めていたのでローの濁り、ブーミーな感じが気にいらなかったのですが、クランチ、強クランチくらいなら非常に味があってとても良い音です。

こういう良さは最近になってわかってきました。

ゲイン下げても多少、、、多少ですが弾けるようになってきたとともに、良さがわかってきました。

しかし、いわゆるハードロック系にはもう少しだけ歪みを足してスッキリさせたい感じです。

そこでいろいろペダルを足して、練習しながら組み合わせを試していました。

ペダル交換の儀式により手に入れたウバーシャル。
その後、手元を離れましたが、なんかまた戻ってきたものです。

当初は、あんまり気に入らなかったのですが長い時間を経てじわじわマイ・ランキング上昇中。

2015年のマイ・ペダル・オブ・ザ・イヤーにはノミネートされるかもw

このペダル、メタル御用達な強いディストーションかと思いきや、全然違います。

マイ分類では、「特に低音が引き締まったオーバードライブ」となっておりますw

イメージと違ってあんまり歪まないです。同じボグナーペダルでもエクスタシーレッドみたいにゲインは強くないです。

強く歪むのはゲイン全開の一歩手前から。

とはいえ、全開でもさほどは歪まないですが、そこから、ドンシャリセッティングにすると、ようやくメタル的にはなります。

しかし実際にはさほど歪みは強くないので、分離感があり、音抜けが良く感じます。

HeartBreakerは前述の通り、低音がブーミーな音色なので、ペダルでローカットしてやるとなかなか良い感じになってきます。

アンプでローを削るのとはちょっと効果が違ってきます。

このアンプには、ハイとローがコントロールできるペダルが必要だと思っています^^

ただ、ここが相性というか、ペダルがコントロールする帯域がアンプのそれとマッチしないと狙った効果が得られないケースがあるようです。

HeartBreakerの場合、OvaltoneのOD-2 Xtremeは合わなかった。ローカットしてもブーミーさが減らなかったです。

Uberschallは、結構良いと思いました^^

さて、夜は夜でまたお楽しみイベントが・・・

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました