新ボード構築1

スポンサーリンク

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

というわけで、8ループの大きさに覚悟を決めたので、実装開始!

ARC-3です。
黒も置いてあったので、よっしーさんが銀だし黒にしようかな、と一瞬思ったのですが、実物を見るとわりと地味、、、なのでこっちにしました。

ボードの大きさはシミュレーションによると、横幅600でもいける感じなので、悩みに悩みました。

結局、600でだめで700を買い直すとか耐えられないのでw、700にしました。
PULSEのEC-07。

現行のボードがARMORなので、それの横幅700にしようかとおもったのです。奥行きもちょっとだけ小さいし。ところが、そのちょっとだけ小さいことがネックになって、うまくセッティングできなさそう。

このEC-07、ボード設置面にあらかじめベルクロ(マジックテープ)が敷き詰めてある!

これは気が利いてるじゃないですか。いいじゃないですか。

自分の旧ボードからペダルを外して乗っけてみる。

ん?くっつかない。

おお、、、なんてこと。
EC-07は設置面に柔らかい方が貼ってあります。

私の旧ボードはペダルに柔らかい方を貼ってましたorz
まあ、しばらくは配置も決まらないからこのままでいいや。

ARC-3は新しいので、試しにベルクロ貼って、仮設置してみた。

うん、まだレイアウトこなれてないですね。
ARC-3が斜めになったので剥がそうとしたら、、、

とれない。。。

ベルクロが強力すぎてまったく剥がれない。
それを見越してちょっとしか貼ってなかったつもりなのですが、それでもまるで接着したかのごとくボードからとれませんwww

全力!

・・・とれない。

全力!

・・・とれない。

マジとれない。様々なものを隙間に突っ込んだりして、全力を15回くらい繰り返して、指先を痛めながら、ようやく、ようやくとれた。

とりあえずコンプだけループ1に入れてみて、テスト。

ちなみに、ケーブルもFree the Toneのソルダーレスで自作してみました。
・・・あれ、音でない。

既製品のケーブルにすると音は出る。接続は間違ってない。

どうもソルダーレスケーブルを作る際に、十分に奥まで突っ込んでなかったみたい。
やり直したら音が出ました!

というわけで、まだまだ前途多難ですが、とりあえず組み始めました^^

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました