実用的なモノを作った

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

神聖文字が刻まれた聖なるペダル。
かつてエジプトの王たちは、死後の復活を信じて日常愛用した品々とともに埋葬されたという。

このペダルはギター好きで知られたニコラウアー王の墓より出土したもので、インより入りし魂は、アーとバーより出ずるべしという王の信念を具現化したペダルである。

~解説文より~

何の役にも立たないローパスフィルターより実用的なモノを作ろう、とやってみました。

解説でも書きました。
INより入りし魂は、アー(A)とバー(B)より出ずるべし、と。

というわけでABボックスです。
ボタン下の神聖文字も「ABBOX」と書いています^^

上のマジックで書いたAとかBの汚い文字がダサいので消そうw

いやー、大活躍だな。スタンプ。
吉村先生、ありがとう。

ちょっと手が触れただけでも消えるけどw
上からクリヤーとか吹けばいいのかな。塗装はまた未知のものです。塗装にこそ凝りたいところですが、面倒くさそうではある。

こんなレベルでも、いろんなノウハウが必要なんだな、と痛感。
だって、ほら上の写真みれば一目瞭然ですが、電池入んないじゃん。。。

がっつり穴開けちゃったので、もう無理。。。

こんなものでも一発では動きませんでした。

作り始めた最初の時に記録のために撮った写真がこれ。

下の青いスイッチが、、、向きが違う。

向きが違うまま配線したので、全然動かなかった。

そんな様々な苦難を経て完成した、、、あ、いや、発掘された本機は、ボタン操作によってちゃんとA、Bどちらに切り替わったかがLEDで表示される優れもの。

参考にしたのはこれ。

いやほんとこのAB BOXにもノウハウはぎっちりですよ。
切り替わって音が出ない方のジャックがアースに落ちることによって、音漏れみたいなのがなくなるとか。

スイッチ周りの配線は結構細かくて難しかった。

このレベルのもの作ってもトラブル起こすことがわかったので、先は長いです。

さて、次あたりはそろそろブースターにいきたいものです。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました