Ovaltone OD-FIVE 2 XTREME

この記事は8年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

もったいぶってた訳じゃないのですが、朝は時間なくて開封できなかったのでようやくご紹介です。

JC対策にいいのでは!!!と期待して購入したのがこれ。

OvaltoneというブランドのOD-FIVE 2 Xtremeというペダルです。
→ 公式サイト

これはですね、、、JC対策的なキーワードでいろいろ徘徊していく中で見つけました。Youttubeでの試奏動画もJCが多かったのも良かったのです^^

いい感じだなと思ったのは、

・2chある(バッキングとリードで切り替えられる)
・ゲイン幅がかなり広そう
・いかにもなディストーションからクリーミーなリードトーンまでトーン幅広そう

です。

話変わりますが、エクスタシー・レッドで強烈に便利だなと思ってるのは、ブーストスイッチを踏んだときにボリュームとゲインをどれだけ上げるかを個別セットできることです。

つまり、ブースト踏んだときにボリュームだけ上げる、あるいは歪み量だけ増す、ということができて重宝しているのですが、このOD-FIVEだと2chあるので同じことがもうちょい細かくできるのが魅力。

というわけで開封の儀。

専用の箱とかはないです。別にいりませんが。

そのかわり、、、

まさかのおまけ付き(手書き)!!

なんか、、、この手書きの文字にほんわかしましたw
なんかじわっときましたよ!www

これは、、、なんなんでしょうね。これにペダルを入れて運べということでしょうか。用途はいまいちピンときませんが、心は温かくなりましたw

つまみいっぱい。
複雑そうに見えますがそうでもないです。2chあるので、2列になってるだけです。

細かい説明はここ見てください。

→ 公式サイトの説明ページ

ペダル横にMID Shiftのスイッチ。2つあるのは2ch分あるからですね。

Presenceは2ch共通。

電源がつながると右側が緑に光る。この時点ではエフェクトはOFFです。
わりと広範囲に緑に光るのがなんか新鮮。カックイイ。

エフェクトオンにすると、左側も緑に光る。

ここで、右側のスイッチを踏むと、チャンネルが変わります。
すると!

青く光った!
なんかカッコいい。

グリーンチャンネルとブルーチャンネルってことですね。
ちなみにこの両チャンネル、音に差はないようです。単純に2つのセッティングをしておけるということのようです。便利だとおもうんですよね、この仕様。

ただ、直感的には、エフェクトのON/OFFが右スイッチ、チャンネルきりかえが左スイッチのほうが良いのですが、まあそこは慣れれば問題ないでしょう。

さて、真夜中ですが、Mark Vにつなぎましたよ。新しいのがきちゃったら寝る前に少しでも音出さないと気が済まないタチですww

もちろん極小音量ですが。

思った通り、ゲイン幅はかなり広い。エクスタシー・レッドはいきなり歪み始めますが、これはクリーンからわずかにブレイクアップしたくらいのクランチから、グッシャーーーーーーというディストーションまで広範囲にカバーできそうです。

EQは、BassとTrebleのみですが、かなり効く。
ギターのボリュームしぼっても非常にいい感じについてくる。

まあ、音質については、あまりにも音量が小さいので何とも言えないです。特に音の太さみたいなのはわからなかったので、これは明日以降に保留とします。

というか、JCとの組み合わせが再重要ポイントなので、早く試したいです。
明日は、、、わからないけど、金曜日の夜にはスタジオはいる予定があるので、そこではこれを試してみたいと思います!

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました