LogicのFlex Pitchの性能

 

昨日録音したボーカルの編集をこつこつやっておりました。

 

当初、Logic Xに新しく付属してきた「Flex Pitch」という音程やタイミングをコントロールするプラグインでボーカルの音程の気になる部分だけ直していました。

 

 

 

このようにかっこいい画面で、慣れてくると使い方も簡単で優れてるのです。

 

 

が、しかし!

 

 

一通り終了して聴きなおしてみたら気づいた。

 

 

どこか一箇所でも音程をいじると、そのあとの部分でどっかにノイズがのると。

 

 

具体的には、ボーカルが息を吸うブレス音が歪みやすかった。

 

 

以前の録音では気にならなかったのですが、今回はだめ。

これをもってFlex Pitchが全てダメとは言いませんが、ちょっとこれだと今回は使えない。

 

 

 

 

そこで、全く使ってなかったWaves Tuneを起動。

 

 

 

 

これは画面が小さくて使いにくいのですが、、、

 

 

これは単品で販売されてるだけのことはあって、何の問題もなく補正してくれた。

 

 

出来上がりの音質的にWave Tuneの圧勝。

 

 

 

 

もうだいぶ昔なんですが、メロダインという有名なソフトを試した時は、非常に声が金属的になって即却下した記憶があります。バージョン1とか2の時代だと思います。

 

いまはわからないです。きっと良くなってるでしょうね^^

 

 

ピッチ補正というともっと有名なソフトがありますが、このWavesのもなかなかいい。

欠点は画面が小さい。昔のだから。今時の解像度に合わせて見やすくして欲しいなあ。

 

 

ともあれ、結果には満足。

 

 

完成に向けてさらに前進。

あとは何回も聞いて微調整繰り返すのみ。

今日はもう繰り返しすぎてわけわからなくなりました^^;

 

 

 

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました