Kemper背面の空きスロット活用してパワーアンプ版に変身させたい

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

Kemperの背面。

無駄な空間が広がっています。

しかしただ無駄なのではないのです。

かつて、ここは約束されたものがあったのです。

そう。Kemperパワーアンプ版が発売されたら、別売りパワーアンプもでて、このスロットにおさまるのだ、、と。

しかし!

わりと早期のうちに、Kemperの本国のHPに、「ごめん。いろいろ検討したけど、やっぱそれは無理だった。」
と通達がありましたww

その代わり、買い替えキャンペーンするから、ということでしたが、わりと微妙な内容だったことに加えて、日本ではやらなそうなものだった。

そして案の定、日本ではそんな話はない。

正直、かなり、、、がっくりきました^^;

なんだよー、だったらちょっとくらい待ったのに。。。

それ以来、別売りのパワーアンプとか探してて、Kemperにセットできるというキットも1個か2個みつけたのですが、どうも、、、なんとなく微妙なような気もするというか、、、いや、いいかもしれないけど。

そんな中、マーラさんからこんなやつの情報が。

ISPのちっこいパワーアンプ。

    横22.8cm、縦10cm、高さ5cm、重さも544g。

小さい!軽い!完璧。

これなら、

ここに収納できる!と思い、先ほど測ってみたら、余裕で入る。

が、しかし!

現在はこうなってます。

新型になって、ボリュームがフロントにきています。
昔のは裏に全部あった。

Kemperの裏に収納すること考えると、旧版のほうが使いやすい。

・・・うーーーん。。。

まあ、でもよく考えると、ボリュームはある程度合わせておいてKemper側でコントロールできるだろうし、収納さえできれば使うときは出してもいい。どうせ電源別だし。

そして記事書きながら写真探してたら、こんなのが!

おお!Kemperに入れてる。
はみ出てるように見えますが、サイズ的には余裕で入るはずなので、写真撮影用にわかりやすくしているのでしょう。

そう、これこれ。やりたいのはこれ。

とはいえ、もうちょっと研究したいと思います^^

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました