Mark VとExpress5:25+試奏した

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

仕事の合間に行ってきました^^

1年くらい気になっているとか言ってたくせに試奏したことがなかったMesa/Boogie Mark VとExpress5:25+初体験。

Mark Vの動画は見まくっていたので、あんだけスイッチが山ほどあるのに、わりと使い方がわかっているのが我ながらスゴいと思いましたww
ちなみにその店にはコンボしかなかった。

いやー、、、

すげえ良かった。。。

一番印象に残っているのがクリーン。
Mark Vのクリーン、すごい気に入りました。
チャリーンと高音がきれいに鳴る感じがめっちゃ好み。

いろんなモードがあるし、アンプのEQ、グライコもあるので、そりゃあもう様々なパターンが作れますが、上述のチャリーンという透明感のある爽やかクリーンと、丸っこく太いクリーンと、2種類ほど大好きな感じのクリーンがさくっと作れました。

チャンネル2、3もそれぞれ良かった。それぞれについて相当いろいろ書きたいですが、連続飲み会の最後のものがこの後あるので時間がない。また別途書きますw

とりあえずチャンネル3の超ハイゲイン気持ちよかった

しっかしこのアンプ、ものすごいノイズレスですね。。。

いろんな音が出せるアンプですが、ともかくブライトで濁りのないハイファイな感じは、私のもってるHeartBreakerとは全然違いました。泥臭い音も出るんですが、ハイファイなんですよね。くっきりと泥臭い音がでるというかw

この脅威のノイズの少なさゆえですかね。店頭なのでノイズ気にならなかったのかなあ。また今度確認してみますが。

あとは、アンプのEQも効きがわかりやすいし、グライコも強力。

これやっぱやばい。かなりいい。今のところ、自分アンプ界で暫定王者に位置づけられました。

唯一、フットスイッチがないときに、チャンネル切り替えがアンプ背面になるのだけがどうかと思ったが、まあフットスイッチ付属してくるんで問題ないでしょう^^

次に、Express5:25+。

うん、これもよかった。
ただ、やはり動画で見ていた通り、ややダークでダーティな感じ。といっても、Mark Vの超ハイファイ感と比べての話だし、そもそもダークでダーティーなのは悪いという意味で言ってるんではないです、念のため。

ともかく、ハートブレイカーよりは全然モダンだけど、かなり共通するものも感じるので、欲しいとはあまり思いませんでした。

しかし、この軽さはすごいメリットなんですよね。
「バンド練習にも持ち運びしやすいヘッド」という要件で言えば、Expressのほうが良いのでしょうけどね。

Mark Vはまた近々試奏に行きたいと思います^^

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました