AMP FACTORY 【Kemperユーザー必見?】

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

Kemperは、デフォルトでいろんなプロファイルが入っています。
かなり頻繁にバージョンアップされており、たまに、これまで有料だった商用のプロファイルが無償バンドルされたりとサービス抜群ですw

出来のいい使えるプロファイルと、なんじゃこれ、みたいなのも結構あります。

また、プロファイル名が自由奔放につけられてるので、「マーシャルのプロファイル探そう」とか「フェンダーで」とかが非常にやりにくいです。

名前を自分で書き換えるにしても今は本体で操作するしかないので、やる気がしませんw

Windows版はまもなく、PC上でリグの管理ができるソフトがでるようですが、macはまだもう少しかかりそうな感じらしいです。

手っ取り早く、このアンプの音が欲しいというときは、

1. 公式サイトでKemperユーザーがアップロードしたのを使う
2. 有料で売ってるのを買う

の2パターンがあります。

有料の方はいくつかありますが、おそらくこのサイトが一番人気なんじゃないかなあ。

→ THE AMP FACTORY

貴重なヴィンテージアンプとかもラインナップされています。
もちろんモダンなやつも。

素でとってるのもあるし、マイクからNeveの卓に通して、このコンプを掛けてEQもちょっと掛けた「本格的なレコーディングの音」をKemperでプロファイルしました。みたいな作り込んだプロファイルもあります。

売りとしては、そういう本格的なレコーディングのシグナルチェインの音なのでいいでしょ、みたいなことなのですが、私個人としては加工されすぎてて弾いててなんか違和感あるので、普通に素でとってくれてるほうが使いやすいと思いました。多分みんなそう思ってるようで、そういう企画は一回きりでしたw 自分であとからちまちまいじる方が楽しいというのもありますが。

1アンプのプロファイルが5ポンド(850円)くらいなのですが、バンドルになるとちょっと高いですね。
Kemperのフォーラムを覗くと、Amp Factoryの人が、ちょいちょい割引クーポンとかを投稿しているので、そういうの使うと良いですね^^

今はだいぶ充実してきちゃったので厳しいかもですが、初期の頃は個人がホームページでやってるくらいだったので、「これ、エンジニアや機材いっぱい持ってる人と友達になって、同じことしたらお小遣い稼ぎになるかも」と思ってましたw 

ともあれ、ここのサイトにラインナップされているアンプとサンプルサウンド聞いてるだけでも、結構楽しい気分になれます。
このアンプはこんな音なのかー、みたいな感じで。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました