Helixでプレキシのプリセットを作成中

  本来なら週末は剣道の稽古だ、わーい。 となるのですが、ちょっと今週は自粛ですね。所属道場もしばらくお休みが決まりましたし、区の稽古は連絡は回ってこないのでしりませんが、いずれにせよ自粛しようと思ってます。残念。。。   その代わり、今週末はギター練習したいと思います^^あと部屋の引越し(子供と入れ替え)をながらくやってるのですが、永遠と終わらないので今週末も進めたいところ。   さて、Helixでは、AC30のグラッシーなクリーンとBE-100の歪みつくったらなんか満足しちゃってそれ以降、音作りをしてないのですが、やはりもう一つクランチは必要だろう、と。   せっかくなのでPlexiのモデルを試してみることにしました。 でもマーシャルのモデリングと言っても結構いっぱいありますが、Brit Plexi BrtというMarshall Super Lead 100のモデルを使ってみることにしました。   試奏の旅ではモダンストラト系ばっかり弾いてたので、ここらで自分のストラトの音も確認がてら弾いてみねばなるまい。

ということで、プレキシ+ストラトということでやってみた。

こういう音色、、、というかゲインレベルでギターを弾いたことがほぼなかったのですが、最近クリーン+これくらいが楽しいなあ、と。下手もバレやすいですが。ともあれ、割とこの音色の感じは気に入っております。

セッティングでいうと、ゲインはBrit Plexi Brtのデフォルトより下げてます。

ローもミドルも全開まであげてますが、もうちっとローがルーズになるといいなと思ってます。

BIASとかSAGとかいじると良さそうなので、まあここからちょいちょい弾いては微調整していきたいと思います。

で、ギターはストラト。

さて、最近のモダンストラトに比して、自分のシロスケこと、Mischief Makerはどんな感じか。

その前にシロスケのスペックおさらいしとくか。。。

こういう時に自分の書いた過去記事が便利です^^

おお、、、もう4年も前なのか。あ、たしかこの時は奈良に家族旅行に行く直前にゲットしたんでした。記事では鹿を倒してゲットした宝箱の中にあったとか書いてるしw(→ 鹿をたおした!鹿は宝箱を落とした!

それはさておき、最近弾いたモダンストラトに比べてどうかですね。

ただこのストラト、そんなにオーソドックスなストラトでもない。

例えば、ネックがテレキャスターだし、電装系もカスタムワインドだし。

そもそもモダンかヴィンテージ系かという以前に、指板が違うので全然違う系の音がしますね。

シロスケは、ローズのストラトに比べて、もっとペチペチッというような音成分があって、ローズ指板より薄く鋭い系の音になりやすいですね。

メイプル指板って、このペチペチいう感じに独特のコクみたいなのを感じられて好きですね^^メイプル指板はこのギターが初めてだったのですが、弾いてて好きになりました。

上の動画でいうと、2つ目のフレーズの単音で降りていくあたりに私がいうところの「ペチペチ感」がでてるんですが、うーん、難しい。まあこれだろうな、というのは見当がついても、この成分のなにがどう自分にとって「コク」と感じるのかは説明できないw

音を言葉で人に伝えるのは無理ですね^^;

朝ごはんが遅かったのでお腹減らなかったのですが、さすがに減ってきた。そろそろお昼食べたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました