KemperでMark Vプロファイルしてみた

スポンサーリンク

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

このブログで最も多い検索ワード、かつ最も閲覧数の多いページ、、、それはKemperのページ。

というわけ(?)で、Kemperの大本命「プロファイリング」を先日やってみました。プロファイリングとはなにか?Kemperとは?という方は上のリンクか、Google先生に聞いてみてください。

さて、いっつも前書きが長いので、今回は結論ファーストで。
私のMark Vをプロファイリングしてみました。さて、どっちが本物でどっちがKemperでしょうか!

Mark Vをプロファイリングした後に、同じフレーズを弾いています。

驚くほど似てるとおもいませんか?再生を切り替えても違和感ないですよね?

途中からギター本体のボリュームを絞っています。これだけハイゲインなアンプセッティングなので完全にクリーンにはならないですが、ここでもKemperと本物アンプは、ほとんど同様の音色変化をしていますよね!凄っ!

答えあわせは後ほどー。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました