ついにアンプもモジュール化か?Synergy Amps

な、、、こ、、、これは、、、?!
フリードマン・・?そして上はSoldano??
なぜこんなちっさいの?

NAMMで出店されたSynergy Ampsというものだそうです。

以前から規格はあったものの、改名し、それにともない、

Friedman, Morgan, Diezel, Soldano, Fryette, 65Amps

などが正式参加らしい。

情報元はこちら。

→ 宮地楽器さんのページ
→ Gear Otakuさんのページ

Gear Otakuさんのページが写真も多く詳しいです。

えーと、
これってつまり、いろんなアンプのプリアンプを取っ替え引っ替えできるということ?

つまりCh1は、65Ampsにして、歪みはFriedman、メタルな音にDiezelを入れて、自分の好きなような3Chアンプが作れるということなんだろうか。

むう、すげえ。

すげえ、、、が、若干ロマンに欠けるような。。。

いや、逆にロマンがあるような。。。

よくわからなくなりましたw

Fenderやマーシャル、ボグナーあたりも参加して欲しい。
そうしたら、クリーンはフェンダー、クランチ~オーバードライブをマーシャルで、ディストーションをボグナーとかにできるわけですよね。

そして何よりも小さい。

パワーアンプはFryetteのようです。

価格によりますが、これでサイレントレコーディングできるなら、多分できるようにするでしょうけど、そうなると、宅録でもライブでもつかえるミニサイズで、かついろいろ入れ替え可能というアンプになるわけでなかなかすごい。

うーん、でもすごい夢が広がるような、そうでもないような。。。

判断保留ですw

でも実物が目の前にあって、いろんなアンプのモジュールが並んでるのを見たら、かなり萌えそうですけどねw

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました