【後編】パチモン LIVE

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

昨夜、無事にライブハウスからDVDを回収。

早速、自宅macで再生しようとすると、

「空のDVDがセットされました」というメッセージが。。。

まあ、何回かやってたらそのうち再生されました。なんなんでしょうかね。

ではセットリスト順に。

1, 楽園

イントロでは、マーラさんのFriedman BEのじゅわっとしたかっこいいドライブサウンドが聞けます^^

イントロの私のギターは、2秒近いロングディレイが仕込んであります。
ですので、もしマーラさんのイントロが走ってしまうなど、予定リズムから大きくずれると大惨事になってしまうのです。

心配していたのですがバッチリでしたね。私がミスってる以外はw
別のビデオだと私の失敗が超わかりやすいのですが、この動画だとそこまで目立たないので良かったw

あと、緊張でしょうかね、地に足が付いてない、というか指が指板についてなかったです。歌の入りでいきなり間違えてますねw しばらくはそんな状態でしたw

さて、ソロのところでブースター踏んでるんですが、全然ブーストされてませんね。。。

ライブ後に確認したら、ブースト量のつまみが0になってました。。。

・・・なんとなく弾いてる時も、音量変わってない??と思ったのですがどうやら正しかった様子。

2. 追憶のマーメイド

私のギターは、eventide H9でオクターバーがかかっています。

ソロは音量ブーストだけなのですが、さっき書いたようにブーストされていませんww

ソロが地味に難しくて最後弾けてませんw

タブもだいたいUltimate Guitar.comで探してくるのですが、この曲はありませんでした。

なので、思い切ってバンドスコア買ってみたのですが、、、

ソロが全然違う。

どうもバージョン違いらしいです。でも上の動画で弾いてるバージョンの方がかっこいいので、耳コピしました^^ そんな正確じゃないかもしれませんが、この1年くらい、だいぶ耳コピできるようになってきました。

この曲は弾いてないでお休みが多いので、気楽でしたw

3.聖なる海とサンシャイン

自分自身は、この辺からだいぶ落ち着いてきてるのですが、それでもわずかに走ってるのが悔やまれる。

前の記事にも書きましたが、マーラさんがサビでぎゅいーんって入ってくるところがカッコイイ。

そしてソロ。

練習では、マーラさんがこのソロに随分はまってましたw

弾けないのではなく、途中で忘れてしまう病にかかり、わりと笑える感じだったのですが、本番ではバッチリ決めてくれました^^

個人的には弾いてて楽しい曲^^

それにしてもイエモンはベースがずっと動いていますね。譜面見てませんが、ベースが実は覚えるの大変だったかもしれませんw

4. JAM

イエモンの代表曲とも言える超有名曲。

練習前は出来が不安だったのですが、リハで最初に合わせた時から比較的すっきりとうまくいってた気がします。

今回ドラムを叩いてくれたNさんですが、練習の時からリズムが安定していて非常に弾きやすくかったです。

このJAMでもソロ前とか、歌もギターも前のめりになっていってますが、ドラムが踏みとどまってくれたおかげでギリギリ破綻せずに済んだ感じがあります。

イントロも最初、私すこし速いのですが、キーボードとvoに集中して頑張って修正しようとしていますw

原曲では最後のアウトロにピアノが入ります。キーボードはオルガンを弾いてるので、もう一台キーボード持ってきて、自分がピアノ弾こうかともちょっとだけ検討しました。メンバーの誰にも言ってませんが。

ただ、キーボード持ってくるのと練習するのが億劫でやめちゃいました。

ただ、最後ピアノのフレーズが入ったらもっと良かっただろうなと思います。いつかやってみたいですね。

5. 太陽が燃えている

ここでギターをモカにチェンジ。

そう、、、もともと「向井モカ⭐︎デビューライブ」だったはずなのです。

セトリの最初の1~2曲目に自分のソロがあるから、弾きなれたJPで、、、という逃げ腰によってモカのデビューが後半になってしまいました。

モカはもう、ばーーーんと張りのあって輪郭がくっきりした強い音が特徴です。
JPより重心も低く、ローもかなりでます。

初めてバンド練習に持って行った時に、音抜けの凄さ、パワー感に感動しました。たしかそんなこと書いた記憶があるとおもって探したら過去記事にありました^^

→ ハードカラオケとモダンイーグル@バンド練習

興奮のあまり、「ちょっと経験したことないくらいの音抜けの良さ」とか書いてますねw

ライブでも良好だったようで、ギタ友の皆さんにも大好評いただいて嬉しい限りです^^

・・・しかし。

その抜群の音抜けによって、ミスもまた赤裸々にさらされます。

歌の入りでいきなり間違えてますなw 間違えるようなところじゃないのですが。

つらい。

6. バラ色の日々

モカのフロントで弾いています。

今回アンプはかなりゲイン低めです。
3曲目の「聖なる海とサンシャイン」4曲目の「JAM」は、アンプだけです。(リバーブはある)

他の曲はこの状態からTube Screamerでプッシュしています。
この曲もそうです。ただしピックアップがフロント。

これは非常に音抜けが良かったですね。

以前、対バンやらせてもらった超うまいギタリストの人から、ライブ後、PRSすごいねー、とお褒めいただきましたw
ベースOさんの別バンドの上手なギタリストの方にも、ピンポイントでそこだけ質問されましたww

今度は腕をほめてもらうべく精進したいと思いますww

これも私のギターの最初の入りがかなり走っていますが、頑張って徐々に修正している様子が微笑ましい、とまあそういう動画です。

私自身が持ってきたビデオで撮ってもらった動画だと、めっちゃ走ってるように聞こえたのですが、これで見るとまあそこまででもないか。。。ギリギリ許容範囲?

でも、あとほんの少しためて弾ければ、、、という感じです。

ソロもオクターバー+音量ブースターなのですが、例によって音量ブースト効果ないのが個人的には残念でしたが、まあ聞こえてるからいいか。

7. パール

ラストの曲です!
疾走感がかっこいい曲ですね^^

自分のミスが目立つ曲でもありましたw

よりによって、サビの入りの音を外しましたが、モカの抜群の音抜けによってミスが強調されております。つらいw

本当は1番のサビ前は弾かずに待機して、サビの入りに集中する予定だったのですが、なんか間違えてバッキングを弾いてしまったがための失敗ですねw

この曲では、Fuzz Factoryを入れてます。
サビやイントロのロングリードは、ボリューム全開。

バッキングでは、ギターのボリュームを5~6くらいに絞っています。
このように絞るとギャリっとしたクランチサウンドが出てくるのが結構気に入っています^^

—————–

ともあれ、メンバーに恵まれ、ものすごく楽しく演奏できました^^

ライブ中の楽しさという意味では、これまでで一番自分自身が楽しめた気がします^^

イエモンのコピーを一回やってみたかったという夢もかなって、満足です!

しばらくライブの予定もないし、2週連続で疲れたこともあるし、しばらくは別のこと(ギター関連ですけど)して充電して、また新たな企画を考えたいところです^^

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました