ライブ無事に終了!

この記事は5年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

昨日、B’zコピーバンド「もっず」、無事にライブ終了しました^^

都内の方はもちろんのこと、特に、遠方から来ていただいた皆様、本当にどうもありがとうございました。

昨日は、ノリノリで楽しく弾く、と自分的テーマにしていたのですが、その点においては良かったなと思います^^

ただ、そうやって弾くと、ミスも多くなるわけなんですが、そういうことよりも勢い重視でやってみた、、、つもりです^^

自分のビデオカメラが昨日は使えなかったため、minamiさんに動画撮っていただき、先ほど前半分だけ拝見させてもらったのですが、案の定、出だし盛大にミスって聞きづらいですw

そのJuiceの出だしの盛大なミスと、ZEROのサビ前のコードが不安定(練習時から不安定だったので、ここだけは集中して弾くべきだった)なのが反省点ですが、全体を通じてはとにかく楽しく演奏できたので文句なしです。

ごろさんにとっていただいた写真。
膨大にあるのでまだみきれていません。
いつも本当にありがたいです^^

しかし、このボード。。。

汚い。。。www

ベルクロが弱ってきて、いつも運搬後、こうやってよれてるんですよね。

普段は直します。

でも、昨日はバタバタしてたし、どうせまたずれるからいいや、と完全放置した結果、上の写真のような、散らかった配置に。

ライブ3回目のボーカルM。
昨日ものびのびやっていて、とても良かったと思います。

演奏後、いろんな方に言われたのと、minamiさんビデオ見返して思ったのは、PAの外音のバランスがよろしくないなあ、ということで、これはかなり残念。

というのも、私のギターだけ突出して音がでかい。

ゆうすけさんのギターと混ざるからいいだろう、とちょっと気を抜いてたり、ちょっと雑に弾いてた部分もあるのですが、もう、まるまる聞こえてる、、、というか聞こえすぎ。

これは残念でした。。。

一方で、音色そのものはいろんな方に褒めていただいて、それはとても嬉しいのですが、でもバンドでやる以上、アンサンブル全体のバランスの方が気になります。

まだ全部合わせて10数回のライブ経験ですけど、そういう意味では、ライブ後の満足感って、PAさんによるところがかなり大きい気がする。

演奏しやすいことも重要だし、外音のバランスが良いことも超重要。
そうでない場合、なんかこう、ちょっと心にしこりが残るような感触があります。

・・・とはいえ、楽しかった。B’zのような難しい曲ができるようになったというだけでも単純に満足感あります。

リーダーのゆうすけさん、他メンバーに感謝です^^
B’zはまだまだ曲数あるし、またやりたいなあ、と思いました^^

<セットリスト>

1. Juice
2. ZERO
3. 熱き鼓動の果て
4. 今夜月の見える丘に
5. Love Phantom
6. Liar Liar
7. 愛のバクダン

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました