アメブロから引っ越しました。リンク切れは気付き次第直しています。すいません!

後ろ姿が良いギター

  左はSuhr のPete Thorn Signatureで右はPRSのModern Eagle。 どちらも後ろ姿が良い。。。   バックはどちらもマホガニーです。   右のPRSは、フタ(なんていうパーツか瞬間忘れた)が、同じマホガニーのため、こう、ツルッとしててカッコ良い。なんとなくお洒落です。色が違うことによる良さもあるけど、一般的にギターのこのフタはプラパーツなのが多いですから、こうやって同素材だと、なんかフックがありますね。おっ!となる感じ。   一方のSuhrは、深いコンターなど木材加工そのものは、PRSよりもダイナミック。形状が違うと言えばそれまでですが、とても美しく見える。 が、非常に細かいレベルでは、PRSほど行き届いてはいないかな、やっぱり。

例えば、フタ。

真ん中は大きく出っ張っており、かつネジの頭は面より出っ張ってます。

image

一方のPRSは、完全フラットかつ、ネジの頭も飛び出ない。

こういう微細なレベルの仕上がりの違いがあって、実際に目で見ると、やはりPRSの仕上がりの美しさというのは1段階上な印象を受けます。

昔のPRSは、結構ネジがでてるやつもあるし、ピックアップリングの高さ調整ネジも古い個体だと横から見るとネジの頭が飛び出てるのはあります。(ちなみにギブソンは飛び出てる)

PRSは仕様変更が多いメーカーのようで、しかも大きなところだけじゃなく、こういうまあどうでも良いところまで改良してくるのが素晴らしいと感じます。

しかし一方で、Suhrは、ネジの頭がちょっと飛び出てることなどどうでも良いくらい長所がたくさんあります。ネックグリップもボディ形状も素晴らしく、本当に弾きやすい。この洗練度合いにはかなり感動した。

レスポールからはじめてPRSに行ったときに、その洗練、弾きやすさに感動したものですが、PRSからSuhrでも同じような印象がありまして、なんというか本当に弾きやすくて素晴らしいギターだな、、、と。

Suhrの最大の欠点は、日本国内と海外の価格差が大きすぎるところですね。まあ難しいところですが、あまりに大きい価格差は、グローバルに通販できる今時ちとつらく感じますね^^;

コメント

タイトルとURLをコピーしました