ギタ友と楽器屋いってからの飲み

この記事は2年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

まあタイトルの通りのことをしてきて楽しかった^^
ゆーすけさんがこんなことを書くので(

『失ってわかる、、シングルコイルへの恋』
ストラト、P90のレスポールたまーに弾きたくなるあのジャキジャキ感というか夏になったからかもねwでもちょい気になってるのはテレの音。。テレはまた深い沼の気がす…

)、じゃあ楽器屋に行って試奏の旅でもするしかないじゃないか、ということでお誘いした。

あとマーラさんとどんピ〜さんもお誘いして楽器屋に集合。

まあ軽くみてそのあと飲み、、と思ったのですが、意外にがっつりした試奏の旅となりましたw
初・トムアンダーソン。
ちゃんと触ったのは多分初めて?
なんかすごい指板のアクセスが良い。
フラットの指板でなんというかいろいろ指が届きやすい感触で感動。
594を弾くゆーすけさんの図。
あれ、、、シングルは・・・?
このあたりから、ゆうすけさんのギター魂に火がついたのか、けっこうガチ比較になっていき、計何本だろう?7〜8本かなあ。いろいろ弾かせてもらいました。
が、写真があるのがこの2本のみw
写真はないのですが、P-90のギターを何本か弾いたのですが、やっぱいいなあ。
前々から言ってますが、いつかP-90搭載ギターを1本欲しい。
あの微妙に丸っこくて、クリーンでも歪ませてもちょっとシャカシャカというか、割れるというのとも違うけど、真ん中から下の方がざらつくような音色が好きなんですよね。
昨日は594のP-90搭載モデルと、レスポールのゴールドトップ(レギュラーとカスタムショップ)の3本を弾かせてもらいました。
第一印象では、カスタムショップのGTがダントツかと感じたのですが、その後、もう一度594のP-90モデルにチェンジしたら、あれ?遜色なく良いじゃないか、、、と。
PRSらしく、より明瞭でくっきりした感じですが、P-90の私の好きな成分も入っており、ああ、いいかも、これとなった。
PRSでゴールドトップでP-90とかがい〜な〜。
こんな感じで。
594じゃなくてCustom24にP-90乗っけるのでもいい。トレモロアームもこの際、付けてしまうのもありだ。p-90でトレモロ付きのゴールドトップのPRSという仕様はかなり珍しいんじゃないかとも思います。
・・・
なんか似たような話書いたことがあるような、、、とおもったら、あった。

さらに探したらこんなのが!!

おおお。。。

ジョーペリーのGoldRushのようなシングルピックアップ仕様。

正直レスポールよりワンピックアップでもスタイルのバランスは取れてる気がする。

あれ、いいな、、、、これ。
オー・・・ダー・・・?
いや、落ち着け。
落ち着こう。
さて、その後の飲みも楽しかったですが、調子よく飲んでたので割と今日はだるいw

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました