モダンなストラト萌え病

最近、クリーンやクランチで練習することが多く、Youtube等でみて真似てるフレーズもそういう音色のものが多いです。

そういうのって、ハーフトーンや、ローが割れて飽和する感じとかが似合ってたりすることが多いですね^^

いつもはローがルーズでぼわんとする感じは大嫌いなんですが、やっぱ弾くフレーズや雰囲気によって「いい音」の定義は変わるなあ。当たり前ですが。

で、そういうわけで「シングルっていいな期」に突入しつつある。

こないだ弾かせていただいたSilverskyが楽しかったこともあり、ローズ指板のストラトいいな、、、とか思っちゃいますね。

NAMMで発表だったかその前だったか忘れましたが、FenderのAmerican Ultraシリーズはそういう意味で気になる。

これ、適度にモダナイズされてるのが良い。

ストラトのヴィンテージに対するリスペクトはもちろんありますが、個人的には嗜好の方向性が違うのでモダナイズされてることに特に抵抗がないというのも大きいかな。

となるとフェンダーでなくてもいいということにもなる。

一時期、ジェームスタイラーいいな、、、とか言ってましたねw

いや、今でもいいと思ってるんですが、塗装とかカラーリングで個人的に完璧にハマるのがなく、まだピクリともきてないです。

あと、やっぱり超良いギターなので高いですね。。。これも個人の完全なる嗜好なのですが、ストラトタイプに対してはそこまで高いのはちと、、、重いな。。。と。

モダンストラトタイプといえば、Suhrもかかせない。

で、Suhrの中ではこのPete Thornシグネチャーがかなり好き。

黒に後ろが赤。

これは、クリスチャン・ルブタンみたいなもんです。

1〜2年前にメンズがあるのを知って、バックはルブタン好きで使ってるんですがまさにこの黒x赤です。この色の組み合わせは好き。

ゴールドトップx赤もカコイイ。

そして、ダイレクトマウントでないのが個人的には好きだ。

ダイレクトマウントのメリットは理解してますが、PU横にねじ穴用の逃げのスペースがあるのが、どうもデザイン的に好きになれない。機能とデザインのハーモニーとでもいうものが感じられなくて昔からあんまり好きになれないのです。なんか余計な隙間があるし。

・・・あくまで個人的な嗜好であり、他の人が持っていてもなんとも思わないし、テクニカルでかっこいいイメージもあるのですが、自分で買おうとは「まだ」思ったことがないんですよね。

まああとこれに関してはハムだからそもそもダメなんだけど。。。コイルタップできるのかもしれませんが、そういうことではない。

トムアンダーソンも指板がフラットなのが新感覚に弾きやすかったのでちょっと心残りですが、ダイレクトマウントが多いし、ルックス的にこれえぇぇえぇぇぇぇ!!とくる個体をまだみたことがない。それに高い。

シルバースカイでSSHでないかな。だったらいいのに。そういえば、シルバースカイのPSもまだみたことないですね。

しかしもろもろ考えると、国産ブランドとかで良い感じのモダンストラトありそうですよね。よく知りませんし、なんとなくなんですが。デジマみる、、、のは危険だろうかw

コメント

タイトルとURLをコピーしました