朝倉未来vs.萩原京平 戦感想 〜RIZIN LANDMARK Vol.1〜

いやー熱戦でしたね!

久しぶりに試合前の煽り合いも盛り上がり、萩原選手がひょっとしたら番狂わせ起こすか・・・?という期待感もある、ヒリヒリした空気感が醸成されていましたね。これぞ格闘技!

戦前の予想

勝敗に関しては、個人的には8:2で朝倉未来勝利と予想していました。20%は萩原選手あるかな、と。

試合前の煽り映像や萩原選手の自信満々の態度を見てると、これはひょっとして、、、という気持ちがどんどん高まっていきますね!いやー、最高。

ただやはり朝倉選手有利は揺るがないと思って見ていました。

事前インタビュー等で、朝倉選手は「テイクダウンとっていく」「平本戦で萩原選手がやったように漬けきる」というようなことも言っていましたね。

ただ、私としてはとはいえ打撃中心だと思っていました。もちろんテイクダウンはしていくのですが、とは言え基本は打撃だろうと思っていました。これまでの朝倉未来が打撃9のテイクダウン1だとしたら、それが5:5になるくらいかなーと。

決戦!

さあ試合開始です!

萩原選手は最初から突っ込んでいくと言ってましたが、さあ、どうか・・・!

一瞬で間合いがつまり、お!!と思いましたが、、、

うーん、萩原選手、入れないですね。お互い遠い間合いでの攻防です。

時折萩原選手がつっかけそうですが、行かないですね。まあ距離があるのであそこで突っ込むと危ないところだとも思い、朝倉選手の間合いのコントロールが上手いと思いました。

萩原選手はなんとか前に圧をかけていって、朝倉未来がそれを受けるような展開です。ただ、これは朝倉未来選手が下げられているという感じではないと思います。特に萩原選手優位とは感じませんでした。

朝倉選手のローキックが強い!これをもらい続けるとヤバそうです。一方で返の萩原選手のキックも強烈!

その攻防のなか、割と強引な感じで朝倉選手が突っ込んだと思ったらあっさりテイクダウン!

その後萩原選手は一度上を取り返しますね。寝技の攻防の中で思ったのは、萩原選手、パワーある。イメージよりも身体の全体的パワーがあるんだなと感じました。朝倉未来は果たしてこのパワーを抑え込めるか・・・?

一回上を取り返した時はお?!と思いましたが、そのシーンをしっかり捌くと、あとは危なげなく1R漬け切ってしまいましたね。

さて、2R開始。立技に戻ります。

うーん、、、やはり萩原選手、入り込めないです。

前に出てるのが萩原選手で下がりながら受けているのが朝倉選手ですが、やはり1R同様、萩原選手が優位とは見えません。朝倉選手としては打たせて取りたかったとおもうので、むしろやりやすかったのではないでしょうか。

押し込まれすぎると、跳ね返す展開を見ると、どちらかというと朝倉選手のほうが打撃でもやや優勢とみました。ただスクランブルになってもっと近距離になるとわかりませんし、打撃のパワーも向かい合ってこう見るとかなりありそうです。さあ、萩原選手、どうする・・・?

とおもったらまた同じテイクダウン!あっさり倒されます。こんなに簡単に倒されてしまうと厳しい。

やはり力を使ってしまったか、1Rのようなパワー感がなく、背中をつけてしまいます。なんどか立とうとするも失敗。これは厳しい。朝倉選手のトップコントロールが効いています。

これは、、、

平本vs.萩原の再現を見てるかのようですね。朝倉選手はほんとにその路線で戦っています。

さて3R。萩原選手は負けているのを自覚してると思うので、金太郎vs.井上戦の金太郎のように覚悟を決めて前に出てくると思いました、

・・・が、出れない・・・!逆に強烈なハイキックをガード越しとはいえ喰らってしまい、その直後、またもあっさりテイクダウン!

このテイクダウンは見事ですね。萩原選手は全く抵抗できずに転がされてしまいます。

だいぶ消耗してきているのか、朝倉選手が良いポジションを取れるようになってきました。膝も入り、パウンドも入り、、、これは勝負ありましたね。

感想

朝倉未来選手が総合力で完全に上回り、完封した試合でした。

この二人の対戦なので激しい殴り合いを見たかった気もしますが、朝倉選手は一切の遊びや妥協をせず、完全に勝ちに行った試合でしたね。

戦前のコメント通り、相手の弱いところで戦うというのを徹底した結果、全く危なげなく勝利しました。まあ1R首を取られる展開がありましたが、決まりそうな雰囲気はないと思いました。

萩原選手はかなり寝技を練習してきたと思いますが、下から攻撃することはおろか、結局立つこともできませんでした。思った以上に差があったな、という感想です。

ただ萩原選手、めちゃくちゃパワーありそうな感じだったので、誰でも同じようにトップキープできるかというとどうなんでしょうね。この辺は私にはわからないです。

さて、打撃においても、技前の攻防で朝倉選手が先をとっていたところから、打撃戦でもおそらく優位に試合を進めたと思われます。もちろん打撃で戦えば萩原選手にもっとチャンスがあったし、朝倉選手もかなりダメージ負ったと思います。萩原選手はその展開に持っていきたかったのですが、全くノーチャンスでしたね。

完封した朝倉選手ですが、とはいえフィニッシュはできませんでした。欲を言えば朝倉選手はパウンドアウトか一本取りたかったところですね。朝倉選手は寝技できるといっても、やはりそこが強みというレベルではないのかな、とも思いました。

ただクレベル選手には極められてしまったとはいえ、斎藤選手には何もさせなかったし、高いレベルなんだと思います。この試合ではディフェンスではなくオフェンスでグラウンドをみせ、極められはしなかったもののオールラウンダーぶりを印象付けました。

とにかく戦前から緊張感があり、実際の試合もすごく楽しめました。4試合は少ないけど、逆にいうと見る側も気楽ですし、メインは締まったし、すごく良い大会だとおもいました。

萩原選手の次戦

さて、萩原選手は負けてしまいましたが、まだまだ試合が見たい選手です!

対戦相手はこの試合を見て、グラウンドの弱点をどんどんついてくると思いますから、萩原選手は一段とグラウンドの強化が求められますね。

そうなると、この半年間くらいの感覚で言うとウルカ選手とかはちょっと厳しい。。。グラウンドも強い上位選手にはちょっとこのままでは勝てなそうな感じがします。

寝技は未知数ですが、打撃勝負という意味では、vs.堀江選手とかも面白そうだなあ。あるいは寝技あんまりしてこないドミネーター選手とか?

いまさらあんまりな相手とも組ませられないし、マッチメイク難しくなりました。攻略法がバレてしまったため、萩原選手はここから1年くらいは相手によっては連敗の危険があり、弱点強化に向けてかなり過酷なチャレンジになりますね。でもなんかやってくれそうな期待感がすごくあります!頑張って欲しい^^

その他の試合

渡辺選手は強かったですね。ただ、どうも後からきいたら、内藤選手は1階級下の選手のようです。また10日前のオファーということでかなり内藤選手に不利な状況ではありました。通りで寝技展開になった時にフィジカルに差があると思いました。

今成選手は相変わらず怖かったww あの関節技も怪我してないですかね。かなりやばい角度になっていました。

鈴木選手も見事な勝利でしたが、フェザーのトップどころとは差が大きいという印象なので今後に期待ですね^^

U-NEXTについて

配信トラブルは正直かなりイライラさせられました^^;

Twitterみたらアプリの方では安定しているということで、急遽タブレットのアプリをダウンロード。ことなきを得ました。

実際の配信自体は安定していて、なにより高画質。この点は非常に良かった。

しかし、PPVで広告って・・・?

そんなわけで全体的な印象としてはマイナス。高画質配信は魅力なのですが、そもそもサブスク前提だし、、、今回は無料期間中に退会しちゃうので良いのですが。

PPVはPPV単独で買わせて欲しいです。セット販売なら、PPV自体の価格をもっと下げてくれないと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました