今日の稽古良かった〜〜〜〜!!!

今日も息子連れて剣道へ。ここのところ珍しく毎週いけてます。

 

さて、今日も人数少ないので、子供用基本メニューだろうと思ってたのですが、今回は後半に、先生方に稽古つけてもらう機会が到来したので張り切ってやってきました。

 

館長先生に、構えの矯正をされました。

 

 

自分でも試合のビデオとか見ると、思ったより右手が前にでてるのが気になってました。

なんか肘が使えなそうな構えだなと思ってたので、懐を余すように工夫してたのですが、いまいちどうしていいのかわかってないところに、館長先生から、

 

「右手が前に出てるので手首と肘が十分に使えてない。もっと手前に引いて。でも肘が胴から離れちゃダメ。脇は締める」というような指導をいただき、そこからの面打ち&稽古。

 

おおお。。。

 

 

これはなんか感触が違う。

竹刀が振れている感覚がある。

 

まだ上手く安定して打てませんが、いいときは手応えが違う。上に跳ねずに押し切るような感じにしやすい。以前は押し切るようにすると、ますます腕が棒のようになってたと思うのですが、なんかスナップが効いて竹刀の先がよりはやく走るように感じる。

 

館長との稽古後、別の7段の先生にお願いする。

 

いつもはこの先生は、そんなに指導って感じのことをしてくれるわけではなく、楽しく地稽古して終わり、という感じだったのですが、今日はかなり熱のこもった具体的な指導をいただき、感謝感激。

 

具体的には、もっと遠間から打て、と。

nicoさんはもっとかなり遠間からでもいけるから、それが武器になるのでそれを稽古しましょう、ということで、攻め合いからどの距離のどこで打つというのを永遠と稽古くださって、めちゃくちゃ疲れたのですが、すごい楽しかった。

 

そこから「今度、小手いきましょう」と。

 

普段はこちらがバテてきたら早々に稽古終わりにする先生なのですが、今日はがっつり指導。

超ありがたい。

 

「下から小手は結構安定してるので、上からやりましょう」ということで一歩入って相手を引き出して、そこを小さく上から小手を打つのをひたすら練習。

 

この上から小手の時に、肘が突っ張って硬い感じになりやすいのですが、構え矯正のおかげもあって、少しましになった気がする。

 

その後、別の先生、別の先生、、、と続いてかなりバテた。

 

腰もちょっと痛くなってきたし、両足のふくらはぎがつりそう。

 

ここで、最後かかり稽古、、、になったのですが、館長先生とだけやって残りはリタイアさせてもらいました^^;;

7人連続とか無理。。。

 

このふくらはぎがつりそうな感じは無理すると肉離れになるのは3回も実証済みだし、腰も負担かかってちょっと違和感強くなってきたので、ここらが潮時だろう。。。ということで戦線離脱。

 

 

なんというか、今日は館長と7段先生からの指導の内容がレベルアップした気がして嬉しかったです。

これは自分のレベルアップに応じたことなんだろう、と身勝手に推測してるわけですが、ともあれ充実。

 

いやあ、楽しかった。楽しい稽古でした^^

 

 

 

 

 

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました