稽古39・40・41回目

ちょっとためてしまいました。

まあ、課題が変わらない上に週3回だと書くこともないのですが、、、

さて、稽古41回目にして、とある先生にはじめて相面2本とれました。といっても、合わせたようなもんですが、それでも初めて。

しかし課題は相変わらずで、手の内が十分に使えず、どうも腕の力で振ってしまっていること。相面と見せかけて先生が実は打たせてくれる、と言うような場合、欠点がもろにでます。

稽古でしかも上の先生相手なんだから、当てるとかじゃなくてきちんと打つことだけに集中しよう!と始まる前は思ってますが、それを実際にはぜんぜん実行できないですねえ。なんでだろ。やはり当てようとする色気なのかw

次回はもっと自分を捨ててちゃんと打つことだけをもっと念じようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました