Sub37 Editor

この記事は5年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

今日メールでこんなのが。

おお、Sub37をPCからコントローするためのソフトが無料でダウンロードできるようになったみたいです。

しかもVSTやAU対応ということは、Logicのプラグインとして使えるということです。

ということはトータルリコールできるってことですね^^

これまでSub37を使うときは、音色を決めて弾いてそれでおしまい。

あ、やりなおしたい、、と思っても再度弾き直しでしたし、作った音を必ずしも再現できたわけでもないです。

いわば、ギターと一緒。

一回録音したギターはどこか気に入らなかったら録音し直すしかない。アンプセッティングやペダルも含めてもう一回設定し直しですね。

Sub37も本体に音色は保存できるとはいえ、わりと面倒でわかりにくいので、基本的にはMIDIではなく、オーディオとして録音してました。エレキギターと同じ扱いです。

ところが、このソフト入れれば、DAW上に設定した音色情報は保存され、DAWからSub37に命令が飛んでその時と同じ状態に戻せるはず。トータルリコールといってるのはこのことです^^

アナログシンセなSub37が、ソフトウェア音源のように扱えるわけでこれは嬉しい。

とはいえ、モノシンセのSub37は、ソフトウェア音源のようにはおそらく使わないでしょう。

結局オーディオに録音して使いそうではありますが、それでも十分意味はある。

そもそもの元のトラックデータを削除せずに持っておけば、あとでやり直すのもこれまでよりも楽になるとおもいます。

苦情ネギのときは、実はSub37の音が2つほど入ってまして、ミックスの最終段階でちょっとフレーズ変えたり足したかったりしたのですが、音色どうやって作ったかわかんなくなったのと、どう弾いてたかわからなくなったので面倒でやめた、ということがありましたw

そういうのが解消されると、地味に強力な機能になるので良いな、と思います^^
今度時間ある時に試してみます!

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました