スライド面白っ!!

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

なんとなく面倒そうなので敬遠していたが、気になっていた奏法。

それがスライド。

昔からちょいちょい気になってスライドバー買ってみたりしたことは2~3回はあった。
おもむろに指板の上に乗せるも、なんだか音痴な音がするし、左手がうまく動かせないし、関係ない弦とかも音を出して盛大にうるさいし、スライドバーが指板やネックをキズつけそうだし、ということで、すぐにやめてしまってました。

しかし、ジョー・ペリーはスライド良く使ってます。エアロコピーバンド的には避けて通れないぜ、ということで再度挑戦。
ライブ前日に何やってんの?という感じではありますが。息抜きに始めてみました。

チューニングも変え、tab見ながらやってみる。

おおお。。。

雰囲気でるじゃないですか!

スライドで音程を取るにはフレットの真上にバーが触ってないとダメで、その辺を調整すると、ちゃんと音程がそろうようになってきた。音程の不安定さを補うために、バーを前後に揺らしてビブラートっぽくするとますます感じが出てきた。

だんだん左手がバー付きに慣れてきて結構普通に弾けるようになってきた。
やばい、これ相当面白い!!

気付いたら3時間近くスライドで遊んでいた。

そろそろ明日のライブに向けての普通の練習を再開しなくては。。。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました