美女と野獣みてきた。素晴らしい映像美^^

この記事は4年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

 

家族でいってきました。

風邪はまだちょっとイマイチですが。。。

 

 

「美女と野獣」は、劇団四季のミュージカルで見て以来、すごく好きになりました。もともとはディズニーアニメだし「自分と関係ないもの」枠だったのですが、ミュージカル版みてめっちゃ感動して、ミュージカルのサントラは車の中のヘビーローテーションとなってた時期もありましたw 

 

ライオンキングに負けず劣らず名曲揃いです。お気に入りは、ガストン夫人になるなんてとんでもない?!と歌う「ベル(リプライズ)」と、酒場でガストンを褒め称える「強いぞ、ガストン」が好き。

 

 

そういう意味では、内容はよく知ってる話ですが、映画はどうだったかというと、すごく、、、、すごく良かった^^

 

 

エマ・ワトソンは超絶な可愛さでした^^

見る前はエマだと少女っぽすぎてどうなのかなーと思ってたのですが、非常に絶妙で、これで完璧だと私は感じました。

 

もっと女性女性した色気が強い人だと、いろいろバランスが崩れた気もして、私はエマ・ワトソンのこの感じがすごく良かったと思いました。 まあこの辺は人によって感想様々でしょう^^

 

「美女と野獣」はもとより最初っから終わりまで絵になる名シーンの連続という作品です。

 

でもやっぱり一番良かったのは、月並みだけど二人がお城で踊るシーンですね。素晴らしく美しかった。作品中最大の見せ場(と言い切れないくらい有名なシーンが多い作品だけど)とおもいますが、良かった。ジーンとしました^^

 

 

ああ、あとラストシーンでベルが着ている白いの花柄のドレスも可愛かった。

 

歌ですが、子供と一緒だったので日本語吹き替え版見て来ました。これに関しては歌詞の日本語訳もふくめて劇団四季バージョンのほうが正直100倍くらい良い出来だと思いますが、まあもとより名曲揃い。少し構成も違ったし比べるもんでもないかな。楽しかったです。

 

 

これ、Blu-Ray出たら買います^^ その前にもう一回、今度は字幕版見に行きたい気もする。

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました