ギター復活|村田防衛戦|クリスマス

スポンサーリンク
image
 
ライブの後、ギターから少し離れてしまってました。
まあ、なんか一段落感があったのと、その後、平日休日問わずほぼ全日忘年会に突入して時間がなかったことなどもあります。
 
というかそのせいかw
 
先日ちょこっとだけ弾いてみましたが、この分だと、ギターの本格的な練習再開は来年からかなー。
 
でもトータルでは今年は良く練習した。
2月か3月かくらいかはほぼほぼ毎日、基礎の運試練を40〜50分とかやってたからなあ。夜がダメな時は朝とかにまで。
 
自分なりに上達したと感じましたが、まだそんな外にはっきり出るほどのものではなかったですね。でもこれを継続してたら確実にベースアップするだろうと思うので続けたいと思ってます^^
 

 

 
クリスマスといえばチキン!
毎年妻がオーブンで作ってくれますが、このお腹の中にセロリとかクリとかレバーなどが一緒に入っていて、これがうまい。
 
image
 
妹夫妻からもらったスイーツ。お茶のチョコレート?見た目が綺麗で味も美味しかった^^
 
 
さて、村田諒太の防衛戦。
いい試合だったなー。
 
 
前回はめちゃくちゃ強かった村田。
 
今回は相手が若く、30戦もしててKO率80%。なんとなく不気味な雰囲気を醸し出してましたね。
 
立ち上がりから、パンチありそうでまともにもらったらやばいなーみたいな感じはありました。が、TVの解説なんかだと3Rくらいまで村田が相手に押されてるみたいな雰囲気の解説でしたが私はそうは感じなかったな。
 
2Rから村田のジャブがバシバシ当たってきたしボディもかなりヒットしてた。
まあ気になるのは、バトラーのボディも村田にヒットしていたこと。これが後半に効いてこなければいいけど、、、とは思いました。あと、バトラーは結構被弾してる割に動きが落ちず、打たれ強そうに見えたので、どっかで右が炸裂すると怖いなとは思いました。
 
が、基本的に有効打数でもダメージでも村田が終始圧倒してたと思いました。自分採点では1〜5Rまでフルマークで村田。
 
なんか、一回負けて強くなった感じがしました。
 
この花形階級にはカネロがいます。ピーク過ぎたとはいえゴロフキンも。
いきなりカネロとはならないでしょうけど、ゴロフキンあたりとやったらドキドキするなあ。以前だったら、その辺のトップオブザトップの選手とは勝負にならないと思ったけど、今回みたいなパフォーマンスだったら結構やれるような気もしてきた。
 
個人的な印象としてはカネロはまだちとキツイ。途中で村田が雑になったり、やや棒立ちっぽくなるあたり、結構ひやっとしました。カネロとかだとああいうところでいいのを叩き込んできそうな気もする。
 
一方で依然としてめちゃくちゃ強いけど、ピークを明らかに過ぎたゴロフキンvs.村田はいい試合になるんじゃないか、、、なんて^^ 
 
以前のゴロフキンはホモ・サピエンスではなく別の種族のようでしたが、いまはまあ人間かなという気がするので。めちゃくちゃ強いけど、村田が挑戦するならお互いの年齢的にも来年がベストタイミングでは。
 
ゴロフキンが他の誰かに負けてバリューを下げる前に挑戦できれば、、、なんて思うんですけどね。もっともそうそう簡単にゴロフキンも負けないと思いますが。
 
全然業界の事情とかしらない個人の勝手な妄想ですけど、2020年村田vs.ゴロフキン実現しないかなあ^^
 
 

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました