フィンガーイーズの間違った使い方

この記事は2年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

昨日の記事で、アコギのナットが取れたという話を書きました。

取れたらくっつければいいという話ですが、もし自分が勝手にやってたら、アロンアルファを使うところでした。。。

いや、よく考えれば木工ボンドだろう、せめて。と思うのですが、取れたナットを見て最初に思ったのはアロンアルファ。

危ない。

同じようなのが、これ。

フィンガーイーズの、指板ダイレクト噴霧。

いやー、、、これ超やってたwwww

というか、やっちゃ駄目なの知ったのめっちゃ最近です。ぶっちゃけこの1週間以内です。さらにいうと、一昨日知った。

なんかシリコンが指板の目に詰まって硬化するとかなんとか・・・?

クロスとかティッシュ経由で使うのが、大人の嗜みらしい。

でもスプレータイプだとぶしゅっとやるのが本能的というか、自然なユーザーインターフェースじゃないですか。。。

やるよ、これは。だれでもやるよ!

でもまあ、大丈夫。

なぜなら、これまでの人生の累計で、フィンガーイーズは1本半も使ってない。

今持ってるのが多分2本目で、半年前くらいに買ったと思うのですが、要は、この5〜6年でその程度しか使ってない。

それも複数のギターに使っている。ごく少量しかそもそも使ってないのです。

だから悪影響っても、あまりにもマージナルなのでどうでも良いでしょう。とはいえ、今後は気をつけます。

そんなに使ってないフィンガーイーズだったのですが、「よし、これからは使おう!」と思うきっかけがありました。

先週のバンド練で、数時間前に変えたばかりの新品の弦が、弦のせいなのか、自分の手が乾燥しすぎだったのか、とにかくまったく滑らなかった。

で、無理やり弾いてたら中指に軽い怪我したということで、すごいなんか、、、なんか、、、納得いかないような気分になっておりました。やっぱ弦はツルツルにすべきか、と思い始めたのです。

そこで、思い出したのがフィンガーイーズ。

スプレーでプシュッとやれば、弦がすべすべなあれですね。

ただ、弦や指板以外の関係ないところに噴霧するのは如何なものか、と思ってました。塗装に良くないんじゃないか的な。まあでもこの程度で塗装に悪いなら、とっくに販売禁止になってるだろう的な見切りで無視してました。あと、直接噴霧するとネックにもサイドから少しかかるのか、なんかネックが油っぽくなる(しばらくすれば揮発するが)し、ギターの下にあるもの(床でもなんでも)も、フィンガーイーズされちゃうではないですか。

まあ困ったわ。みなさん、どうしてるのかしら・・・?と思って検索したら、「クロスなどに噴霧してそれで拭きましょう」的なことがいっぱい書いてあった。

おお、なんてこった。。。

だって、スプレーでしょ??

スプレーならぷしゅってやるのが普通じゃないですか。。。

スプレーに対して、そもそも使い方を調べるという概念がありませんでした。

ぷしゅっとする以外にあるのか、、、と。

でも今回わざわざスプレーの使い方などを調べたのは、わずかに伏線がありました。

これも半年くらい前ですかねえ??もっとかなあ。

あるライブに向けてのバンド練で、ギターにフィンガーイーズを振りかけたら、マーラさんが、あ、それはちょっと的な、そのギターにそんなことしていいんですか?的なリアクションがあったのです。あのギター使ったのはアジカンライブの時だったと思うのでもう1年前近くなるかなあ??

その時は完全スルーしていて以後、忘れてたのですが、心の中にわずかに「あれ、使い方違うのかな?」という疑惑のタネが植えられたのです。

そのタネが、時間をかけて順調に育ち、花開いたところで、間違いが発覚したよ、とそういうわけです。

とまあ、このように、知らないでやってるとよろしくないこともある。

でも知らないんだからしょうがない。

自分が何を知らないのか、どうやって知ればいいのだろう。

ちょっと哲学的ですなー。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました