急遽スタジオ遊び

この記事は4年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

ギタ友のinaiさんが東京に来られてたと言うことで、急遽ご飯+スタジオ遊び。

 

待ち合わせはジークラで、と言うことだったんですが、待ち合わせ場所で電話してもいない。お互いが見つけられない。

 

まさかの、

 

私:ジークラ(東京)

inaiさん:ジークラ(渋谷)

 

でした。。。

 

これは、ちゃんとどっちか言ってなかった私が悪かったです。LINEでは「ジークラ東京」と一回だけ書いてましたが、そもそもジークラが複数あることを言ってなかったのがよくなかったです。inaiさんに過失なし。

 

一番悪いのは、LINEでのそのやりとりに、「いったいどっちなんだろう?」とすれ違いの危険性を明確に認識しつつも放置していたマーラさんです。

 

 

 

 

次回ライブは、フリードマンではなく、Mark Vを使おうかなあ、と思い久しぶりに持ち出し。

 

久しぶりに使ったのですが、フリードマンと違って、どこのつまみ位置でもいい音がする、とはいかない。

 

ただまあ、これはこれでよし。特に歪み系はV字グライコの機能でドンシャリ系にしてみましたが、硬質な感じで良し。ちょっと下がうるさすぎる感はあったけど、その辺は調整可能と見た。

 

その後、マーラさんがやってきて、Friedman JJ-100を持参。

まあ、これはカラッとしていてジューシーであり、文句なくいい音。

 

Mark Vとではかなり質感に違いがあったので、ギター二本の住み分け的にいいんじゃないかな、と思った。

 

 

 

99レモンを弾くinaiさん。

 

Bognerピックアップは、大音量でも好印象だった。

 

明るめでギュワッとバイト感があり、よく歪む。

ハイがゆるやかに減衰しているが、なんとなく全体的に明るい。

これまでの99レモンの音色感からすると、やはりミドルのどっかが持ち上がった感じがする。

 

やっぱり個人的にはこのピックアップ、TubeScreamer感を感じるなあ。なかなか個性的でいまのところ気に入った。次回バンド練持っていきます。

 

 

 

 

今朝、玄関で出動をまつダーティー・シャーリーの図。

 

 

今夜はminamiさんと久しぶりにスタジオインです。

昨夜は急遽、と言う感じでしたが、今日は前もって予定していたスタジオ遊び。

 

minamiさんリクエストによりDS出動!

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました