パーツあれこれ

この記事は8年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

そういえば、私もDMCのパーツ一つ持ってました。

ピックアップカバーです。

99レモンのピックアップを自分でハンダ付けして交換したことがあるのですが、そのときに、元のカバーがどうしても取り外せなかったので、やむなくカバーを買いました。

そのときに買ったのが、DMCのエイジドのカバーでした。

こんな感じ。

さて、Joe Perry 1959はもっと激しくエイジド加工されています。

緑青が浮いています。

当時お店にあった他のシリアルのものとか、ネットで他のエイジドを見ても、これはかなり加工激しい感じです。
写真ではどぎついですが、実際に目の前にしてらそんな違和感はないですよ。気に入ってますw

さて、99レモンに装着したDMC以前の、つまり元のピックアップのカバーはこんな感じ。ナチュラルエイジドですw

ちょっと暗くてわかりにくいですが、これも緑青が出始めています。
このまま20年とか使い続けたらJP1959系の汚れ方をしそうな感じもあります。

ほんとはこのピックアップカバーを使い続けて育てたかったのですが、、、
交換時に、出力の弱いハンダを使ってたら、なかなかハンダが溶けない。なので粘ってたら、一瞬ハンダが溶けて、吸い取る間もなく、奥の方に流れていき、逆に接着が強化されてしまいましたorz

さて、以前、minamiさん、どんピ~さんに見せてもらって以来、すこーーしだけ気になってるノブも比較してみる。

99ヒスコレの純正。

色が濃いですね。

ピンぼけしましたが、JP1959。
光の加減違いますが、差し引いても99は色が全然濃いです。

Joe Perry 1959は、超ヘビーエイジドのくせに、ピックガードやエスカッションなどプラスチックパーツだけ、つるっと新しいのがイマイチではある。。。JP1959に関しては、DMCの白いエスカッションにしたい気もするけど、あれ、高すぎ!!w

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました