ヌーノ・ベッテンコート+スティーブン・タイラー

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

日本人3名が素晴らしい業績を讃えられた2014年ノーベル賞。

そのイベントで、EXTREMEのヌーノ・ベッテンコートと、AEROSMITHのスティーブン・タイラーがコラボしてパフォーマンスしたようです。
本日の帰宅中にYoutubeみてたら、「あなたへのおすすめ」で出てきました。

さすがYoutube。よくわかってらっしゃる。

私のギター・ヒーローはジョー・ペリーですが、一番好きなボーカリストは、エアロスミスのスティーブン・タイラーです。

ノーベル平和賞に呼ぶのに適した人かどうかわかりませんが、ともかくパフォーマンスしたようです^^

Dream Onは、ノーベル賞っぽいとまあ言えますね^^

Living On the Edgeは、、、ノーベル賞っぽいのかどうかわかりませんが、まあ、ありっちゃありか。

バンドメンバーが違うと曲の感じが全然違いますね^^

ヌーノのソロもカッコいいです^^
原曲と同じフレーズ弾いてますが、ジョー・ペリーとはまったく違うかっこよさです。

この曲好きなんですよね。昔コピーしましたがちょっとしか覚えてないです。
よし、明日、復習する。

そしてEXTREMEの名曲「More Than Words」!

この曲はスティーブン・タイラーじゃないですね、やっぱり^^;

スティーブンがボーカルである以上、More Than Wordsは生まれないんだろうな、という感じです。
スタイルが違います。アーティストは固有のスタイルがあってこそ、という感じが改めてしました。

後半コーラスに入ってからはいい感じです^^

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました