雪の日の出来事

スポンサーリンク

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

ほんとに土曜日はすごい雪でしたね。

いろんな予定がキャンセルになり、家の中でぬくぬく、だらだら、と休みを満喫してました^^

15時くらいになって、なんかうずうずしてきました。

前日、試奏したPRSが良かったので、もう一回弾きたいし、他のも試してみたい、、、と。

車はスタッドレスはいたままだし、この雪なら楽器屋さん、超すいてるに違いない、ふふふ。。。と思い、出発しましたww

出発して思ったのですが、想像以上に雪すごいですね。。。これ。
幹線道路もアスファルトが見えなくなってます。

時折ずるっと滑る感触を楽しみながら渋谷到着。やっぱ車は少ない。

でも、思ったよりスクランブル交差点には人がいっぱいいて、なんか渋谷って元気だな、と思いました^^

さて、1店舗目。色とりどりにいっぱいおいてあります。

PRSって全体的に派手で、特に価格のグレードがあがるとトップだけではなく、指板やヘッドなども派手になってきますw
その点、Paul’s Guitarはやや控えめで好きです。

指板のインレイの感じもおしゃれさを感じる^^

でも、そこにおいてある個体たちは、トップの感じが今ひとつぐっとこなかったです。色が濃すぎる、とか虎杢は、レスポール的でかぶるからなあ、とか、そういう微細なルックスのレベルでぐっとこなかっただけで、ギターとしては良いし、普通に欲しいけど。。。これ、円じゃなくて、ドンとかになりませんかね?

関係ないけど、昔ベトナムに行って、5万円ほど空港で両替したら、ものすごい金持ちになれた記憶があります。財布に入りきらない札束がかえってきます。

ベトナムは0を3つくらい削った方が良いんじゃないだろうか。デノミっていうんでしたっけ。だって、タクシーのって15万ドンとか払ったような。ちなみに15万ドンは1000円以下です。

さて、話を戻して。

奥の方に値札のかかっていないかっこいい青のPaul’s Guitarがあったので、取り出してもらう。やはり、、、プライベートストックでした^^;

ネックにフェルナンブーコというのを使ってるらしい。バイオリンの弓などに古くから使われている木材だそうです。
目の細かい、綺麗な木です^^高級そうな感じですw 入庫したばかりで値札間に合ってないんです、とのこと。

このギターの音がすごい好みでした。
試奏はJVM410でしたが、クリーンで弾いたときに、ハイがキラキラします 

なんですか、このアコギ感。ピエゾとかがついてたわけではないですよ。

値段は、、、と聞いて、「ほほお、なるほどね」など余裕ぶりながら、すぐにギターを店員さんに返しました。

他にもプライベートストックがありましたので、弾いてみる。

※写真はどっかから拝借しました。。。

Rainforestという色で、緑ですね。ギターで緑って珍しいですが、PRSならいけますね、綺麗です。
とはいえ、自分で本当に買うとなったときに緑はやはりハードル高いよな、、、とも思いますwww

ネックはマダカスカルローズウッド。いいですね、これ。

さて、試奏の感想ですが、ちょっとハイがきつい?
さきほどのPaul’s Guitarと比べると明らかにハイがきついかな。JVMのクリーンチャンネルでトーン系つまみは全部12時というセッティングです。プレゼンスとかは見忘れたのでわからないです。

とても良かったけど、やっぱ緑は実際買わないだろう、ということで御礼を言ってお店を出ました。

さて、2店目。先日、試奏したお店です。

先日試奏して、気に入ってたCustom24を弾かせてもらう。

スペック的には上のRainforestと似ている。
マダカスカル・ローズウッドのネック。ただし塗装なし。なしというかサテン・フィニッシュというんですかね?

こっちのほうが、木を直接触ってる感触があって、良い。

あと、Rainforestでは、ミニスイッチが2つついていて、それぞれフロントとリアのPUをシングル/ハムに切り替えられましたが、こっちのほうは、TONEのポットを引き出すとコイルタップされて、シングルになります。

ミニスイッチの方が実用的だけど、ポット形式のほうが見た目はスマートですね。

同じようなスペックですが、ハイのキンキン感はこちらにはあまりない。
とはいえ、ミッドからハイにかけて重心がある感じがします。ひずみもからっとしてて気持ちよい。

一方で、Joe Perry1959なんかだと、重心はミッド・ローにあります。

ああ、かぶらないなあ。。。

ボディシェイプもかぶらないなあ。
色も青系なんで、まったくかぶらないなあ。
アームがついてるのでかぶらないなあ。
24フレットなので、かぶらないなあ。
音もモダン系だから、ヴィンテージ系のうちの子たちとかぶらないなあ。
ストラト最近、出番ないなあ。。。

付属品一式をハードケースに詰め込んだストラトが、どういうわけかトランクにあったのでww、持ってきて店員さんに言いました。

「お前さんのその豆を、この牛と交換してくれんかね?」

nicoは「ジャックの豆」を手に入れた!

続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました