SSL BiG SiX登場!

ちょっと前に噂に上がっていたSSLのミキサーが登場しましたね!

SSL SiXの兄貴分、SSL “BiG” SiXです!

SSLのアナログミキサーは、X-DESKというのがあったと思いますが、サイズ感的にはそれくらいですね。X-DESKが16チャンネルだったのに対して、BiG SiXは18チャンネル!

SiXにはあったD-SUB端子がなくなり、すべてのインプットアウトプットが並んでるように見えますね。これはいい。

まさにSiXを2倍にした感じ。マイクインプットも2→4に。ステレオインプットも2→4になったかんじですね。

このビデオで各セクションを紹介してくれています。一応みてみたら、あれ??これはすごいアップデートがあるぞ?!

全チャンネルに3バンドEQが!

なんと全チャンネルにEQ搭載にアップデート。これは羨ましい。

SiXではSuper Analogueの2インプットのみに2バンドEQが搭載されていましたが、3バンドのEQが全チャンネルに搭載のようです。

チャンネルコンプレッサーはSiXと同じもののようです。

レイアウトがスマートに

チャンネルストリップがスマートになりました。上からST CUE1、ST CUE2、EQ、コンプレッサーと、流れ順に整理されました。これも地味にいいなあ。

あとヘッドフォンが2系統に。これもこのサイズなら必要ですね。

オーディオインターフェース機能が・・・!

さらに96khzのオーディオインターフェース機能が!

各チャンネルごとにUSB経由でのシグナルを受けたり、送ったりできるようなスイッチが搭載されています。

こ、、、これは地味にすごいのでは。

DAW上で出力を変更するだけで、BiG SiX側でチャンネルごとにシグナルを受け取れるなら、簡単にサミングミキサーになるじゃないですか。。。

まあその時受けがUSBでいいのか、というのはありますが。

また、各チャンネルごとにUSBに送るみたいなボタンがあるので、BiG SiX上のどのフェーダーの音をDAWにおくるか、というのを選べるように見えます。

これはDAWとの接続を非常に簡単にするイメージです。USBで繋ぎさえすれば、DAWのミキサーとBiG SiXはすごく直感的に繋がる感じがします。

今現在はオーディオインターフェース別のものを使ってるのでこの使い方は難しいですが、BiG SiXとPCだけで完結する制作環境もいいなあ、と思いました。

特にUSB経由で内部ルーティングができるなら、G-CompやEQをかなり積極的に使っていけますよね。

サイズはどれくらい大きくなった?

Solid State Logicが16ch デスクトップ ・ミキシング・コンソール “BiG SiX” を発表! | Rock oN Company | DTM DAW 音響機器
         Solid State Logicが16ch デスクトップ ・ミキシング・コンソール「BigSiX」を発表しました!          2年前にデスクトップ型ミキサーSixが発売した時も、SSLのアナログミキシングシステム技術が凝縮したデスクトップ・ミキサー(SuperAnalogueマイクプリを搭...

SiXとくらべてどれくらい大きくなったのか、というのはRock oNさんの紹介ページが良いですね。

やはりレイアウトをシグナルチェインに沿った形にしたことで、奥行きも大きくなってますね。

とはいえ、16Ch+2Chの最大18chインプットのミキサーにしてはやっぱり小さい。

最近のSSLの製品はもう絶妙

最近のSSLはほんといい感じです。もともとは超ハイエンド、というか完全プロ向けでしたが、昨今は、小規模なプロダクションや、ハイアマチュア向けの製品が超鋭いですね。

機材オタクである私のような人には刺さりまくっています。。。

私はSiXならびにUF-8を使っているのですが、どちらもめちゃくちゃいい製品です。

なんというか、こうかゆいところに手が届いている。絶妙なスペックです。SSLの製品企画部は素晴らしいです。(UF8についてはトランスポートボタンはやっぱりつけて欲しかったが)

私自身はSiXがあるし、やはり用途を考えてもBiG SiXはちょっと手に余るので買い替えようとは思いませんが、X-DESKとSiXで悩んでたような人は、キターーーーーーーーーー!!!!って感じじゃないでしょうか^^

来年1月発売予定ということで楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました