鍵盤ゲット&机改造で超快適に

この記事は4年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

 

取引先の人が転職する、という連絡がありました。

 

お世話になった方なので、転職おめでとう会的なものをやりました^^

 

その方、キーボードで以前バンドやってたということで、たまに会うと音楽の趣味の話などをよくしてました。その流れで、

 

 

「実は61鍵くらいのなんかキーボード欲しいんですよね。」

 

 

と言ったら、

 

「ちょうど楽器屋に下取りに出そうと思ってた61鍵があるので、安く譲りましょうか?」

 

とナイスオファー!!

 

機種を聞いたら、RolandのFA-06というやつらしい。

 

あれ、それって現行のフラッグシップ機種じゃないですか??

どうやら出てすぐに買ったそうで、2年くらいしか経ってないっぽい。

 

・・・が、ああいうフラッグシップシンセって、でかいし重いし、、、

正直、最初はピンとこないというか、うまいこと回避しようと思った。

 

というのも、導入するには大きさ、重さ、機能性、価格のバランスが取れている必要がある。とくに大きさと重さ10kg以下はマストだ。

 

 

私「いや、でもああいうワークステーションってでかいし重いからなー。。。」

その人「軽いですよ。5kgくらいしかないですよ?」

 

 

5kg?!

 

5kg?!

 

 

まじで???

 

急速に興味が湧いた。

 

 

楽器屋さんでいじったことはありますが、どうせ重いと思われるので触っただけで、これまでは検討などしておりませんでした。

 

しかし、61鍵のやつは、調べたら5.7kgと軽量で、幅も奥行きも高さも意外に小さい。

密かにNord Electroとかいいな、と思ってましたが、それに比べても1cmずつ大きいくらいにすぎない。

 

 

私「で、、、でも、FA-06ってRolandのフラッグシップ機種ですよね??30万くらいしそうなやつですよね?」

 

その人「普通に買うと13万くらいで中古で10万弱くらいじゃないかなあ。。。XXX円でいいですけどどうですか?」

 

 

1も2もなく乗った!

 

しかも調べるとFA-06というのはかなり魅力的なスペックだった。

さすがはRoland。

 

その内容から当然とも思われるが、この機種、すごい大ヒット商品らしい。

 

音色もたくさんあるし、万が一ライブで使うというようなケースでも便利そうなあれこれ満載。DAWのコントロールもできるのも良い。その辺は改めて書きます。

 

 

 

 

 

というわけで思いがけなく、急速に鍵盤ゲット。うれしい^^

 

 

そしてスピーカーの高さ調整と鍵盤の利用しやすさ&省スペースのために、机を2段に改造。

 

 

要はカラーボードの下に鍵盤を格納できるようにした、ということです。

ちょっと仮で置いてるコードがごちゃごちゃしてわかりにくいですが。

 

 

適当な脚がなくて、一旦、家にあった材木のかけらというかブロックみたいなものを脚がわりに。

 

高さがぴったりなのでこれでもいい気がするが、幅を食ってしまうので鍵盤収納にやや難がある。

 

Amazonで良さそうなのを見つけましたが、意外に納期がかかりそうなので、しばらくはこれで行きます。

 

全体的に、かつてない快適さ!!

鍵盤が目の前にあって、かつ、邪魔な時は奥に収納できるというのは最強。

まあ、あえて言えば鍵盤の位置が高い位置に設置されるので、弾きにくいってのはありますが。

まあ、あとディスプレイが高い位置になるので、やや見上げる感じがある。が、ギリギリOK。

 

注文した脚はあと3cmくらい高いんだよな。。。どうだろうか。

 

 

ともあれ、かつてないレベルの快適席に到達した我が部屋。

しかし、手首はやはり痛くて、鍵盤で遊びたくも悪化しそうなので我慢。。。

 

うーん、思ったより治るの時間かかるかも・・・?

来週バンド練習なんですが、ちと不安になってきた。

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました