音楽学校探し①

スポンサーリンク

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

いろいろ取り寄せ吟味中。

仕事があるので、日中は論外。
また、土日はいろいろ家族的なアレとかで意外なほどに忙しい。

平日夜が最も自由になります^^
だから学校も平日夜にいけるところがいい。

と、なると上の写真のようなノリになるだろう。

「社会人」「ダブルスクール」「夜間」

あたりがキーワードだ。

あと、場所も重要な要素。
ということでしぼっていくと、、、実は3校くらいしか候補がない。

さて、10月から行きたいんですが、実はまだちょっと覚悟しきれてない部分があります^^;

つまり、、、夜間の1年制の音楽学校とかいくなら、もう絶対途中でやめない覚悟でいきたいわけです。なんなら2年目には作曲のコースとか追加して突入しちゃうよ、くらいで行きたいわけです。

「習い事」というよりは、「入学」して「卒業」して「学位」をとる、くらいの脳内イメージです。
MBAとるために留学するとか、博士号とるために夜間の大学院いくとか、自分の中ではほぼ同格のノリです。 
※おっしゃってるようなスクール行っても学位はとれませんよ、とかそういう突っ込みはなしでおねがいします^^ たとえ話ですから。

となると、それなりに「さあやるぞ!』という腹のくくり方が必要なんですが、その辺がまだイマイチですねえ。。。

趣味で楽しくギター弾いてるんだからそこまでストイックにならんでも、、、だってもうアラフォーな大人だしぃ~、別に暇ってわけじゃないしぃ~・・・とも思います。

でもでも! ワタクシ、とにかくもっと上手くなりたいです!! です! です! です! です! です! です!…

※ロングディレイ

うん、、、そうなんですが、ちょっとニュアンスが違うなあ。これだと美しいピュアなハートがキラキラしている感じだ。

自分が思ってるのは、もうちょっと、、、こう、、、

こんな感じかな?

ワタクシ、もっと速攻で上手くなりたいです! です! です! です! です! です! です! …
 

うむ、こっちに近い。
私が先生だったらこんなこと言われたらちょっとむっとしますねw

独学してても上達はまあします。
それをもっと加速したいです。速く上手くなりたいというのは楽したいという意味じゃないです。念のためw

学生時代のように自由な時間も少ないし、もう限られた時間で最速で上達するにはやはりまっとうなスクールに入ってがしがしやる他ないかな、と。

なので、99%行くんですけど、腹が決まりきらないのは、下記のような自分問答にまだ上手く答えられないからです。

・上達っていうけど、最終的にどの辺のレベルを目指してるんですか?何ができるようになりたいですか?

・その中で、1年後、どの程度のスキルを身につければ効率よく学べたといえるんですか?成功の定義を言ってください。

・そもそも独学で得られないものが何で、それがスクールで得られる理由はなんですか。

えーっと、、、

えーっと、、、

うーん、どの辺のレベルを目指してるのかなあ、自分。。。何ができるって、それはもう、、、いろいろ。いろいろっすよ。

え、成功の定義って、、、それ言わなきゃダメっすか?!

だって、独学だと好きなのしかやらないじゃないすか。結局自分のペースでしかやらないし。。。スクールの方がガチだしぃ~、、、あわあわ。。。

と、まあ誇張はしてますが(笑)、ご覧の通りのダメ人間になっちゃうので、意外にこの辺り、自分の中でひっかかってるんですよね。

よっしーさんなんか、この辺、明確でさすがです。
比較してみましょうか。

よっしーさん:
「ロックにjazzテイスト入れた演奏ができるようになりたい。だから先生に習いにいきました。」

→ 簡潔。明瞭。目的意識高い。
→ 先生としても現状と到達点の差分が見えやすく、教えやすいに違いない。

私:「とにかく全体的に上手くなりたいです。それもなるべく速く。」

→ ふわふわしている。
→ 厨二病的(急にガンダムのパイロットになった俺無双的な風味がある)
→ どこに向かって指導すればいいのかわかりにくい。

ああーーー、やっぱりこの辺、もうちょい考えよう。正直考えるのを避けてたしww
こんなの自分が先生でも困るに違いないし、一生懸命になって教えようとする生徒にはなれないだろう。だとすると行っても効率はさほどあがらないという事になる。

というわけで、スクール見学と自分探しの旅を早急にはじめることにしました。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました