RIZIN TRIGGER 3rd ルイス・グスタボ vs. 矢地祐介戦、他感想・レビュー

RIZINトリガー3rd、全試合終了〜。

金太郎vs.倉本、金原vs.摩嶋、メインのグスタボvs.矢地の3試合が特に楽しみだったのですが、金太郎vs.倉本戦は、金太郎選手のぎっくり腰で中止(泣)。残念。。。

以下ネタバレありなので、見てない人は引き返してください。

グスタボvs.矢地 戦感想

グスタボが立ち上がりからわりと慎重に戦ってる印象。ぱっと見、強くなってる印象がありました。

序盤の様子見で放ったハイキックがかなり強烈!これは嫌ですね。

一方の矢地選手も落ち着いていて、プレッシャーを跳ね返すこともできていてリング中央で戦えていました。序盤は。

グスタボのワンツーのツーで放つオーバーハンドが相変わらず凶悪ですが、踏み込みが深く、以前よりも避けにくく厄介になっているように思いました。結構もらってるのかなと思いましたが、矢地選手の顔を見ると特に腫れてないのでブロックできてたんですね。

さて、矢地選手のまっすぐなワン・ツーが良い!グスタボの深い踏み込みに合わせてカウンターが取れそうな雰囲気がありますし、なんなら普通に打撃で効かせられそう、、、な雰囲気もありました。

ただ、じわじわとプレッシャーを受けて矢地選手がケージを背負うようになってきました。ただ、1Rはそれでも跳ね返せていましたね。

タックルを混ぜるなど、全体的にグスタボのほうが幅が広い攻撃をしている印象もあります。矢地選手はなんか狙ってるにせよ、もう少し上下に散らしたり組み付いたり、いろいろやらないと危なそうです。

2Rになると完全にケージを背負い始め、自分から攻撃する場面が激減しました。これは危ないなあ、、、と思ってたところグスタボの打撃が入り始め、多少の反撃はするもののそのまま押し切られてしまいました。

結果、前回と同じ2Rノックアウト負け。リベンジならず。。。

荒々しい印象のグスタボが、洗練されてきたように感じました。具体的には打撃を打つ前の攻め・崩しが強くなっていると思いました。そして常に攻め続けたグスタボに対して、矢地選手は押されて攻め返せなくなってしまいましたが、これは技術的に上をいかれたというより、私には矢地選手が途中で弱気になっちゃったように見えました。

武田選手のようなガッツで2Rから攻撃に転じれば、苦戦しても勝てたんじゃないかなあ、、、と思ってしまいました。あそこまで受けにまわったら、いずれ攻撃食らってしまうのは必定。。。

金原vs.摩嶋 戦 面白かった

いやーこれ面白かったですね。

組みが強い摩嶋選手に対して金原選手のいろんな技術が見れて楽しかった。

ただ、試合自体は摩嶋選手がつけ切って勝っちゃうかと思ったら、なんとなんと。。。すごい失速の仕方でしたね。

よく攻め疲れと聞きますが、あんなに消耗しちゃうんだ。あの場面で立ちあがれなかったですからね。びっくりした。

摩嶋選手は、場面場面で本当に全力使ってるのかもしれないですね。ある意味、外国人選手によくいる前半のパワーがすごいタイプなのかも?

その他

シュレック選手は技術を見せてくれました。すごい。

貴賢神選手はヘビー級にしては軽快なフットワークに落ち着いた試合運びで今後が期待です。良い攻め方してたように見えたので思い切って右を踏み込んで打ったほうが勝てたかもしれないですね。シュレック選手、もらったパンチは結構効いてたようにも見えました。

難病を乗り越えて戦っている征矢選手にはただただ拍手。相手の中務選手も気持ちが強く、すごく良い試合でした。渡部vs.須藤も関節の取り合いがスリリングだった^^

明日のRIZIN35、めちゃ楽しみ!!

というわけで、トリガー3rdも堪能しましたが、なんといってもRIZIN35ですよ。。。3つのタイトルマッチは当然、全試合、めちゃくちゃ興味深い!

極真世界王者の上田選手がどれくらいすごいのかも超期待ですねー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました