Aの押さえ方

スポンサーリンク

この記事は5年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

ローコードのAってみなさんどうやって押さえてるんでしょうか。

私の場合、こう。
人差し指一本で、べたっと。

親指で6弦を、人差し指の腹で1弦ミュートする格好になっています。

しかし、思いました。
本来は、こっちが正式なのではないだろうか、、、と。

ちゃんと3本の指を使ってきっちり抑えるパターン。

いや、Aだけならどっちでもいいと思うのですが、このローコードのAから、薬指、小指をちょろちょろと使って1弦を弾くようなフレーズって、下のほうが音が濁らないというか、きっちり弾ける感じがします。

上の人差し指べたっパターンだと、余計な音がなったり、逆に鳴らなかったり、、、

実は、過去何度かこれに気づいて下の3本指パターンにしようと思ってるのですが、どうも無理。

ギタ友のみなさんは、どっちかというとどっちが多いんでしょうねー、と思って書いてみました^^

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました